2017年 07月 19日
操觚の会トークショー「歴史時代作家の最前線」
d0090664_16155027.jpg
7月18日に新宿ライブワイヤーにて行われた、操觚の会トークショー「歴史時代作家の最前線」に行ってきました。平日夜なのでひょっとしたらすいているかなと思いましたが、なんと満員御礼の大入り!直木賞候補の木下昌輝先生効果も要因だと思いますが、普段は活字でしか知らない作家にお会いできるというのはとても貴重な機会ですね。

今回は「作家に何でも聞いてみよう」と題し、来場者との対話を楽しむ形式。飛び交った実名が突然伏せ字になって、来場者はワクワク、関係者はたぶんドキドキの場面もあり、実に興味深い内容。以下、かなりはしょったレポートです。

鈴木英治局長
秋山香乃さんとの主従関係、でもとても仲良し…。最近飛ばしている鈴木先生のお話は楽しい。
ヒット作を出すためには、とにかく書き続けること。シリーズが続くと、ある日突然右肩上がりになる(こともある)。
一日に書いた最高枚数は140枚!
面白い小説はキャラクター作りが重要。読者はキャラクターに会うためにリピーターになる。キャラクター作りに関しては、菊地秀行先生と小池一夫先生の対談で同様のことをおっしゃっていました。

早見俊副隊長
徹底的に力を込めた作品よりも、肩の力を抜いた作品のほうが受けがいい。
編集からもプロットを求められなかったり、ご自身もプロットを書かずに本編を書き始めることが多い。
早見さんが出版社から求められる時代劇は、勧善懲悪でエログロなし。
個人的に「若さま十兵衛」で妙に死人が多いと感じたので、ひょっとしてこれまでの路線から変わったものを書かれるのかな?とダークヒーローものについて質問しましたが、書いてみたけど落とされた、書きたいけど書かせてもらえない、とのこと。出版社としても作家ごとに色合いを分けているのでしょうけど、早見さんのダークサイド時代劇、読んでみたいですね。早見さんらしい善の色の強いキャラクターを一転させる、例えば毒をもって毒を制する柳生十兵衛とか。

新美健先生
ゲームのノベライズが下火になった頃、執筆関係の仕事がいくつか動き出して小説家としていけるんじゃないかと感じた。
デビュー作が特別賞10万円コースなので、鈴木英二局長の後輩。
賞の選考では、推薦してくれる選考委員の力がなんとかかんとか…。

木下昌輝先生
直木賞発表前夜!確率は(候補が5作あるので)20%!お話の多くは直木賞関連でしたので割愛。
テーマをひとつ決めてメインとなる短編を書き、そこから話を広げていく。作品のテーマの決め方や、情報収集のひとつにカルチャースクールがある。
武蔵の場合は、DTPスクールで知った吉岡憲法が原点となる「憲法黒」がきっかけだった。しかし、武蔵の資料は信憑性の高いものが少なく、また自己顕示欲の強いものが多いためにとっかかりとなる作品を生むのに難儀した。
マイナーな主人公かもしれないが、お祭りがあるものは年に一度は必ず話題になるので、長く読み継がれるかもしれない。「天下一の軽口男」の米沢彦八、「絵金、闇を塗る」の弘瀬金蔵とか。
尊敬する先達はいるが、木下さんとしては星新一のような何でもありの作品を書きたいとのこと。
若い人達に時代小説を読んでもらうことに関しては、高校生直木賞が有意義であり、意外な視点で読んでいることに気がつく良い機会だった。こちらに関しては、「宇喜多の捨て嫁」巻末に収録されています。
d0090664_16155200.jpg
期待された強敵と書いて友と呼ぶ谷津矢車さんとの対決は、剣ではなく筆(口とも言う)で、俺の分野に入ってくるんじゃねぇとか、次は何を書くんだとか、まだまだ手の内を探るつばぜり合いでした。
おいらは「人魚ノ肉」が大好きなので、今後もこのような伝奇、ファンタジーに振った作品を書かれる可能性はあるのか訪ねたところ、もちろん書きたいし、書くつもりとのこと。
また、フィクションとノンフィクションのボーダーライン、虚の部分を作る上でこれ以上はやってはいけないとしているところがあるのかとの問いには、意外にも、史実をしっかり押さえたうえで、後は自由に想像して描くそうです。ただし、見破られにくいところで史実の中に虚を盛り込むことがあるのでおたのしみに!とのことですが、おいらじゃ見破れないぞ。

登壇される先生方のトークもさることながら、軽妙洒脱で打てば響く誉田龍一さんの司会がめっぽう面白いのが、操觚の会トークショーの大きな魅力。汗をいっぱいかきながら盛り上げる誉田さんも応援しよう!
以降の操觚の会は、9月と11月です。

[PR]

# by cthulhu_dune | 2017-07-19 16:28 | 文化・社会
2016年 05月 16日
菊地秀行トークライブ「甘くて不気味な恋」紹介作品覚え書き
『ガス人間第一号』
マッドサイエンティストにガス人間にされた男が日本舞踊の家元に横恋慕して共倒れする話は大人向けの映画なんで子供だった菊地先生は訳がわからなくてつまらなかったそうなそりゃそうだ。

『Cult of Cobra』
インドで秘密の蛇儀式を冒涜した米兵が蛇の呪いを受けた美女に次々と襲われる話は後に主役を張る俳優がたくさん出ているよ。

『Lust for a Vampire(恐怖の吸血美女)』
迷走したハマープロがおっぱいをたくさん出した吸血鬼カーミラものは女吸血鬼のラブシーンがあるよ吸血鬼のラブシーンがある映画っておいらは他に知らないよストレ〜ンジラ〜ブ♪

『I was Teenage Werewolf(心霊移植人間)』
大草原の小さな家のお父さん(マイケル・ランドン)がその昔とても興奮しやすかったので医者に変な薬を打たれたうえに催眠術をかけられて人狼になっていたお話。

『怪談新耳袋 ノブヒロさん』
菊地先生の好きな内山理名が出ているJホラーの平田満の語りだけの階段落ちは蒲田行進曲へのオマージュだったらしいよ。

『インスマスを覆う影』
何度観ても日本の陰州升は素晴らしい美術監督の藤井さんはお化け屋敷みたいなライティングはしたくなかったけどそういう指示なんで仕方がなかったというご本人から聞いたこぼれ話。
[PR]

# by cthulhu_dune | 2016-05-16 15:52 | 映画・映像
2016年 04月 19日
頑張れ星の智恵派!「Call Girl of Cthulhu」

d0090664_15545778.jpg


クトゥルーの子を宿す「選ばれた女性」を探し出すためにコールガールを呼んでは血祭りに上げていくカルト教団「星の智恵派」と、それを防ごうとする探偵の戦いに、童貞を捨てようとして偶然その「選ばれた女性」、ライリー・ウェイトリーと知り合ってしまったために巻き込まれた、しがないイラストレーター、カーター・ウィルコックスのお話。

年齢制限はないみたいだけど、そこそこエッチなので気をつけてね、ま、一応ご注意まで。

特殊効果のほとんどをコンピューターグラフィックスを使わず、着ぐるみやらメイクやらの特撮でこなしている、近ごろ珍しい作品。チープではあるけどきちんと造形してあるし、安価なCG使いまくりの薄っぺらさがないのがよい。一生懸命動かしている感がにじみ出てくるミミズみたいなクトゥルー様の触手とか、嬉々としている持ち主が素晴らしい寄生ちんちんとか、くノ一忍法超もびっくりの寄生おっぱいとか、おバカエロ度はフレッシュ・ゴードンの足下にはおよばないけど見応えあり。

d0090664_1555772.jpg



そして、あらすじだけあげるとなんじゃこりゃな作品なんですが、これがなかなかにしっかりした脚本。カルト教団、探偵、ライリー、カーターのメインキャストふくめ、脇役たちもそれぞれきちんと行動しているために常に先が気になる展開となっている。

一応主役のカーター君が巻き込まれたとたんヒーローになるなんて事もなく、最終的にはルームメイトに助けられ、彼自身たいして役に立っていなかったりするのもよろしい。というより、そもそも本作はアクションがへっぽこなので、見せ場に頼れなかったのかもしれないけどね。無理なアクションもあるけど、出来ないなりに工夫はしているところが見え隠れしますね。

そしてなにより、カルト教団「星の智恵派」の教祖、セバスチャン・サイダムのうさんくささと冷酷さがすばらしい。教団の構成員も探偵とその助手も、あえて言えば他のキャラクター全てがどうにも役立たずなだけに、彼が出てくるだけで安心してしまうのだ。これを演じるデイヴ・ギャンブル、IMDbを見る限りは無名のようだが、常に周囲を見下した表情を崩さず、残虐な行為も淡々とこなしていく様は、往年のヴィンセント・プライスとロバート・ヴォーンを足して10で割ったぐらいの貫禄充分。

で、ラヴクラフトファンとしてはあちこちに散りばめられた、というか役名から小道具までほとんどに関連する単語、人名などが使われていて、しかも原作のまんまではないってのが愉快。
役名だけ挙げてみても…

カーター・ウィルコックス
ライリー・ウェイトリー
エリカ・ザン(ツァン)
セバスチャン・サイダム
エドナ・カーウィン
リック・ピックマン
ウォルター・デラポーア
リタ・ラグラース
アシュトン・エイボン

そして、消臭剤のラベルが「COOL AIR」なんてのも見逃せないぞ!
あれ、小道具のネーミングはこれだけだったかな?

…コールガール・オブ・クトゥルーの評価が高いなんて、あんまりトンチキな作品ばかり見ていて目が曇ってしまったなんて的を射たこといわないでね(^_^;
[PR]

# by cthulhu_dune | 2016-04-19 20:27 | Lovecraft Cthulhu 映画