2009年 09月 27日
還暦トークライブ
9月24日深夜は、菊地秀行トークライブ「今ならA級・・・」映画特集、その実菊地センセー還暦祝いでした。
紹介された映画は…

かっこいいタイトルと暗闇の中で巨大ロボット目から怪光線を放っているポスターにときめく心を打ち砕かれた経験を持つ『ターゲット・アース』

宇宙船を襲う宇宙の脅威に胸躍らせていると、ガリバー旅行記小人国も縮みゆく男もびっくり、最後の最後でタイトルの意味がわかる『ファントム・プラネット』

随所にパロディー満載のコメディー、何たって監督ジョン・ギリング、出演ベラ・ルゴシの『ドラキュラのご子息』はいつの間にかDVDが出ていたのねしかも国内版まで!

邦題は『フランケンシュタインの逆襲』だけどハマー版じゃないよの『フランケンシュタイン・ミーツ・スペースモンスター』は、原題からしてがどこがフランケンシュタインなのじゃ?だけど火星人の目的が地球の女性(うーよくある手口ですな)でなければがっかりしなかった秀作…だと思っているの

ま、そんな映画紹介はさておき、有志による還暦祝い混声合唱団による替え歌は、うまいこと考えたねぇ~。
赤いあれこれを着せられ、老若男女のアツイベーゼの嵐に包まれ大量のレイをかけられてご満悦?の菊地センセーなのでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-27 21:43 | 映画・映像


<< 散歩写真 with ソフトレンズ      ドムドムの輪 >>