2011年 07月 09日
S95…今更だとは思いますが
つい先日、しかも中古で入手したキヤノンS95、新品は現在在庫不足だそうでそれはひょっとして震災の影響なのかなというのはさておき、微妙に使いにくい部分をカスタマイズで改善しています。

d0090664_2326037.jpg


まずはストラップ。
付属品や市販品では、手のひらか手首を通してちょうどいい長さというものがほとんどありません。
まあ、万人向けでしょうから仕方ありませんが、たいてい長すぎて手首に通していてもカメラを落とせば一緒にすり抜けてしまいそうなのが怖い。
てなわけで、カミさんの革細工の歯切れをもらって自作していますが、切って留めるだけなので実に簡単。
ちなみに、携帯のストラップも同じ理由で自作です。

S90から改良されたとはいえ、やっぱりちょっと手の引っかかりが不安なボディ。
まあ、昔のコンパクトカメラなんてこんなもんなのですが、それならそれらしく貼り革キットを使ってしまおうと。
エイとかクロコでも貼ろうかと思ったけど、それだと革素材そのもののほうが高くついちゃいますので。
保持性を重視するならグリップのほうがいいはずですが、シンプルさをスポイルして見えるので保留です。
どうせなら銘木の端切れを買ってきて、グリップも自作ってのがいいかな。

ちっこくてズームレバーの下に潜っているシャッターボタンは、時々人差し指が迷ってしまいます。
これは慣れの問題かもしれませんが、ひょっとしたらボタンそのものが手に馴染まないかもしれません。
市販のソフトレリーズはどうしても割高に感じますので、先人にならってアルミの平リベットから自作しました。
実は、銅の丸リベットが見た目はおもしろかったんですけど、あまりに丸く出っ張りすぎていて、恐ろしく押しにくいシャッターボタンになってしまったのでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-07-09 23:26 | 写真


<< 落陽の後光      月並みながら、暑い… >>