2012年 05月 21日
TOMB OF TERROR(2004/ラヴクラフト「潜み棲む恐怖」)
フルムーンからリリースされた3つの作品を、短く編集してオムニバスに仕立て直したもの。
『ダーク・エンジェル/地獄のベロニカ(1994)』を『ASCENT FROM HELL』に、『地底人アンダーテイカー(1994)』を『INFINITE EVIL』に、『タリスマン(1998)』を『EVIL NEVER DIES』に。
ラヴクラフト原作としては『地底人アンダーテイカー』が『潜み棲む恐怖』をベースにしている。
しかし、そもそも『地底人~』がマルテンス家の怪物・町の住民・マルテンス家の末裔・犯罪組織が好き勝手に絡み合う作品であり、これを短く編集するのは至難の業だったらしく、いまいちポイントを押さえ切れていないのが残念。
もともと重要度の低い怪物が、さらになんだかよくわからない存在になってしまった。
『ダーク・エンジェル』と『タリスマン』がわかりやすく編集されているだけに、ラヴクラフト原作を目当てに見るとがっかりする。
素直に『地底人アンダーテイカー』オリジナルをおすすめする。

というわけで、気が向いたときに最近入手のラヴクラフティアンムービーズをレビューしてみようかと…。

ビデオソフトはamazon.comで入手可能です。
http://www.amazon.com/Tomb-Terror-Constantin-Barbulescu/dp/B00076MXMU/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1337608071&sr=1-1
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-05-21 22:51 | 映画・映像


<< アクアリウム展(横浜)      2012.05.21 金環日食 >>