2012年 10月 07日
THE CABIN IN THE WOODS
d0090664_2203029.jpg


『THE CABIN IN THE WOODS』のDVDパッケージは、レンチキュラーレンズ方式の見る角度によって絵が変わるユニークなもの。
以前はよく子供用品に使われていて、懐かしいといえば懐かしいし、最近はやりの3Dで新鮮といえば新鮮なギミック。
そういえば、『THE REAL GHOSTBUSTERS』のコンプリートコレクションのケースにも使われていたなぁ。

d0090664_2204148.jpg


それはともかく、『死霊のはらわた』には黒幕がいた!というのを観客は第三者の視点で見ているような作品だった。

この設定は冒頭から明かされちゃうので、ラストで「実は…」なんてことでがっかりさせられることはありません。
しかも、その謎の組織が実にあっけらかんと悪辣、犠牲者を賭けの対象にしたり、惨劇を見ながらパーティーをしたりと、もうやりたい放題。
なるほど、これは組織の目的から観客の目をそらすための趣向だったかな(笑)

クライマックスは、様々なホラー作品のモンスター大集合。
さすがにパズルボックスは四角くできなかったのね、なんて思ったり。
知らないモンスターもあり、顔が口のバレリーナの少女ってあったっけなぁ、などと惨劇なんぞよりもモンスター観察に忙しくなります。

しかし、シガニー・ウィーバーが出てきた瞬間、頭の中は『宇宙人ポール』でいっぱい。
クトゥルー神話的な設定のEvil Godsなんか吹っ飛んでしまったよ(笑)

で、謎の組織の目的は結果としてアレなんだけど、顕現するのが想像を絶するというか超えるというか、なんじゃそりゃというか、形としては確かにそれもありなんだけど、思いっきり足下をすくわれちまって、これはきっと制作者の意図にまんまと乗っかったんだろうな、とやられちまったぜ。
まさか、Evil Godsに人間の手が付いているとは思わなかったよ…、って、人間型なのは手だけじゃなかったりして?
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-10-07 22:00 | 映画・映像


<< 勝鬨橋~中央大橋      バセロンコンスタンチン+蒔絵 >>