2012年 10月 23日
PROMETHEUSその2
終盤に向かうにつれて何じゃこりゃ感の強いPROMETHEUSですが、そもそもB級映画なのでそこにケチをつけるのはよろしくなかろうと反省反省。

そこでちょっと一考。

エイリアンは生体兵器であり、エンジニアは実験場として地球に自分の分身を育成していたこと。
じつはそれ以前の開発段階で失敗していて、エンジニアは自ら生み出したエイリアンによって、事実上滅亡していたこと。
最も重要だと考えられるこの2つは、実はおまけでしかないのだ。
本作の肝は、年老いたウェイランドの生への執着。

これらのことを勘違いさせられてしまうので、がっかり度が増長してしまうのだ。
おバカ映画ファンとして期待するべきは、エンジニアによって、というか謎の黒い液体を勝手に服用したウェイランドがよみがえって超人となり、エンジニア、エイリアン、超人ウェイランド、その他の人々と四つ巴の戦いを繰り広げることなのである!
そう、『フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン(対大ダコ)』なのだ。
これを描かなかったことこそ、本作の唯一にして最大の失敗。
目が曇ったな、リドリー・スコット。

そして、アンドロイド・デビッドの真の目的は1979年版『エイリアン』と同じ、異星の生命体の生け捕り。
ウェイランドですら知り得なかった大どんでん返しだが、残念ながらはっきりとは描かれていない。
しかし、エンジニアの宇宙船を操って地球に帰るシーンが、次回作となるに違いない『エイリアン地球大襲撃』につながるのが自然だ。
なんともエイリアンサーガの壮大さを見せつける一篇なのだろう!

…ウソですよ、きっと半分くらいは(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-10-23 14:21 | 映画・映像


<< 探検バクモン フィルムセンター編      PROMETHEUS >>