2015年 03月 09日
ARKHAM SANITARIUM: SOUL EATER
d0090664_2122072.jpg

超常現象研究者3人組が廃病院に探検に出かけたら、ヨグ=ソトース信者が4人いて、タコに襲われて気が変になったりタコをはらんじゃったりするお話。

「ブレアウィッチ・プロジェクト」以来よく見かけるようになった低予算低脚本低演技そろい踏みのモキュメンタリーですが、映像の作り方はビデオゲームに倣っていて、カメラがぶれぶれで見にくいとか、暗くて何が映っているのかわからないということはなく、スクリーンを分割する整理されたカット割りもあって、とても目に優しい映像になっています。
d0090664_21221589.jpg

経験上ファッキンファキンを連呼する脚本にはろくなものがないとか、動けないタコ動かす演技が今時珍しいとか、SFX以前にクレイアニメがひどいとか、粗を上げ連ねたら切りがないし、粗を削り落とすと本作そのものがなくなっちゃうのであまり言及はしないことにしよう。

ひたすら顔芸に終始しているのが愉快なマーク・ASSHOLE君は、見ていて意外に飽きが来ない。
ミシェル・ロドリゲスのパロディーの偽物みたいなリンダちゃんはタコをはらんでSAN値を失うが、ゴム製のタコにほおずりする姿にこっちもSAN値を失う。
ヨグ=ソトース教の教祖ルイス君は、せっかく怪しい風貌なのに部下が3人しかいないけど、美女を二人はべらしていてえらい!
がっかり度は高いけど、見終わってから「あーつまらなかった!」と楽しく叫ぶことができる。

とまあ、ひでぇビデオ作品を見慣れていれば及第点が付けられる作品ではあるのです。

2014年 アメリカ 英語字幕あり
https://www.facebook.com/ArkhamSanitariumSoulEater
[PR]

by cthulhu_dune | 2015-03-09 21:22 | Lovecraft Cthulhu 映画


<< 菊地秀行トークライブ《モンスタ...      ホビット 決戦のゆくえ >>