2015年 07月 06日
アメリカの田舎は異形でいっぱいだ『DEEP IN THE DARKNESS』
d0090664_15424750.jpg
大都会ニューヨークの喧噪を離れ、ニューハンプシャーの田舎町アシュボローに引っ越してきた父マイケル、母クリスティーン、娘ジェシカのカイル一家。
田舎は静かでハッピーだぜ!となるはずが、マイケルは隣家の元ウィルバー・ウェイトリー、ディーン・ストックウェル…ではなくってディーン・ストックウェル演じる隣家のフィルおじいちゃんにアシュボローに伝わる忌まわしい伝説と儀式は今でも続いていることを知らされる。

すると、夜な夜な異形たちに連れ去られてはいたぶられたり、異形の治療をしろと持ちかけられたりする、マイケル父さん。しまいにはフィルをぶっ殺せと命じられて…。んで、妊娠しちゃったクリスティーン母さんが産み落としたのは異形でした。

ああ、そうやって伝説と異形の種は存続されていくんだね。
d0090664_15424700.jpg
ディーン・ストックウェルが出演しているホラーってだけでゲットしちゃったけど、ラヴクラフトの『潜み清む恐怖』を彷彿とさせられる、なかなか良質なホラー映画。

ありがちなお話ではあるんだけど、不気味な雰囲気がとてもいい。思わせぶりな前半、中盤から出し惜しみをしない異形の群れ、なんかものすごくいい人そうなフィルおじいちゃん、注射を怖がる異形にお注射しちゃうものすごくまじめなマイケルさん、崩壊しそうでしないカイル一家と、バランスのよい配合。

一応アクションもあったりするんだけど、無駄にかっこつけたり、笑いに転化したりせずに終始大真面目なのも好感が持てます。

田舎の闇は土着して年月を経た伝説と閉鎖的な人間関係の強さ。都会の闇は浮かんでは消えてゆく噂のような伝説と孤独。どちらが怖いかといわれれば、いやぁ、やっぱり田舎の闇って怖いなぁ。

[PR]

by cthulhu_dune | 2015-07-06 15:43 | Lovecraft Cthulhu 映画


<< やりたかったのは忍者スレイヤー...      人魚姫ならぬ人蛸姫『SPRING』 >>