2016年 04月 17日
やりたかったのは忍者スレイヤーでしょ「The Resurrection of H. P. Lovecraft」
d0090664_1554522.jpg



電脳世界にラヴクラフトが復活し、彼の指示によって探偵だの忍者だのが闘うよくわからない話…だと思う。
邪神も出てこなければ、邪教もない、ラヴクラフト自身が死者復活といえばいえるけど塩と灰のお話でもない。
探偵に始まり最終的には忍者スレイヤーに落ちつくので、ラヴクラフトである必然性が感じられないが、そもそもラヴクラフトの作品をベースにしているわけではなく、Taoka Amaya氏の実際にあった話をベースにしているそうだ。
まあ、実生活に自分の好きなファンタジーを持ち込んで膨らませた夢を映像化しているんだろうね。

d0090664_15541475.jpg



フラッシュアニメは珍しくなくなったが、全てのセリフが読み上げソフトによるもの(だと思う)は珍しいんじゃないかな。
キャラクターによっては聞き取りづらいものもあるけど、かなり自然で聞き取りやすい音声でした。
英語のヒアリングはからきしなので、字幕が付いているとよかったな(^_^;
[PR]

by cthulhu_dune | 2016-04-17 17:51 | Lovecraft Cthulhu 映画


<< 頑張れ星の智恵派!「Call ...      アメリカの田舎は異形でいっぱい... >>