2007年 12月 02日
やって来た来たプロジェクター
友人のKAZさんの感想を参考に、意を決してオーダーしたものの、品薄でしばし待たされたプロジェクターセット。
今週半ばの発送予定が、今朝届きました。
セッティング自体は至極簡単なので、早速鑑賞会。
まず掛けようと思っていたのは映画の父リュミエール。
なぁんて殊勝な文化人気取りではなく、元祖トリック映画の我らがジョルジュ・メリエス。
d0090664_239248.jpg

しばし気分はロベール・ウーダン劇場へとトリップ。

メリエスの短編は完全に私の趣味なので、次はカミさんリクエストで、トム君の『宇宙戦争』。
なにせ、本気でプロジェクターをほしがっていたのはカミさんだし(笑)
大スクリーンでボエーボエーと吼えるトライポッドも迫力満点。
d0090664_239355.jpg

5.1chのスピーカーにつないでみたものの、センタースピーカーがプロジェクター側にしか置けない状況なので、セリフが真後ろから聞こえてなんだか変な気分。
昼飯もすっかり忘れてしまいましたが、センタースピーカーの配線変更と、ついでにリージョンフリーデッキをつなぐべく、ちょいとお買い物。
でも、帰ってきてから観たのが『吸血鬼ドラキュラ』だったりして。

いやぁ、メディアはデジタルなれど、スクリーンに映し出しているというだけで雰囲気たっぷり。
こりゃはまるわ。

ちなみに、買ったのはこれ。
一番安価なのでもよかったんだけど、実際に見比べると画質の差が歴然としちゃったので、がんばってしまいました(笑)
http://www.epson.jp/products/dreamio/emptwd10/index.htm
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-12-02 23:10 | 映画・映像


<< 『フランケンシュタイン(1931)』      ジュエリー展2展 >>