2009年 06月 20日
触ってきたデジタルPEN
今日、オリンパスプラザで触ってきました。

ボディー、シャッター共に質感は申し分なし。
液晶モニタを見ながら撮るので、感覚的には高級コンデジ。
当たり前だけど、精密機器というより、電子機器だった(笑)

気になったのは、2点ほど。
マニュアルフォーカス時は自動的に部分拡大できるけど、最初に拡大表示されるのが中央。
表示部分は十字キーで移動できるけど、ワンプッシュの移動量が少ないのでちょっともどかしい。
ある程度大きな移動量にできるか、タッチセンサーで拡大表示したいところが選べるとよかったかな。
拡大無しではピントを合わせづらかったけど、これは慣れかも。

ビューファインダー使用時も基本的には液晶はONなので、目の下のまぶしさが気になるのね。
液晶のON-OFFはファンクションボタンに割り当てられるけど、ビューファインダーにαみたいなアイセンサーが付いているとよかった。
思い切って、設定は全てカメラ任せのフルオートにして、液晶OFFにしておくっていうのもありかも(笑)

ミラーボックスがないので「一眼レフ」ではないというところを理解して、レンズ交換のできる高級コンデジとして納得できれば、クラシカルなボディ形状と質感の高さもあって満足感は高いんだよなぁ。
満足したいなぁ~(笑)
そして、買ったら買ったで、マウントアダプタをゲットしてレンズが欲しい病になるんだろうなぁ。
そんなことになったら、αスイートがもったいないな…。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-06-20 20:39 | 写真


<< うちの「吉田一也の猫」      そそるデジタルPEN >>