カテゴリ:文化・社会( 166 )

2017年 07月 19日
操觚の会トークショー「歴史時代作家の最前線」
d0090664_16155027.jpg
7月18日に新宿ライブワイヤーにて行われた、操觚の会トークショー「歴史時代作家の最前線」に行ってきました。平日夜なのでひょっとしたらすいているかなと思いましたが、なんと満員御礼の大入り!直木賞候補の木下昌輝先生効果も要因だと思いますが、普段は活字でしか知らない作家にお会いできるというのはとても貴重な機会ですね。

今回は「作家に何でも聞いてみよう」と題し、来場者との対話を楽しむ形式。飛び交った実名が突然伏せ字になって、来場者はワクワク、関係者はたぶんドキドキの場面もあり、実に興味深い内容。以下、かなりはしょったレポートです。

鈴木英治局長
秋山香乃さんとの主従関係、でもとても仲良し…。最近飛ばしている鈴木先生のお話は楽しい。
ヒット作を出すためには、とにかく書き続けること。シリーズが続くと、ある日突然右肩上がりになる(こともある)。
一日に書いた最高枚数は140枚!
面白い小説はキャラクター作りが重要。読者はキャラクターに会うためにリピーターになる。キャラクター作りに関しては、菊地秀行先生と小池一夫先生の対談で同様のことをおっしゃっていました。

早見俊副隊長
徹底的に力を込めた作品よりも、肩の力を抜いた作品のほうが受けがいい。
編集からもプロットを求められなかったり、ご自身もプロットを書かずに本編を書き始めることが多い。
早見さんが出版社から求められる時代劇は、勧善懲悪でエログロなし。
個人的に「若さま十兵衛」で妙に死人が多いと感じたので、ひょっとしてこれまでの路線から変わったものを書かれるのかな?とダークヒーローものについて質問しましたが、書いてみたけど落とされた、書きたいけど書かせてもらえない、とのこと。出版社としても作家ごとに色合いを分けているのでしょうけど、早見さんのダークサイド時代劇、読んでみたいですね。早見さんらしい善の色の強いキャラクターを一転させる、例えば毒をもって毒を制する柳生十兵衛とか。

新美健先生
ゲームのノベライズが下火になった頃、執筆関係の仕事がいくつか動き出して小説家としていけるんじゃないかと感じた。
デビュー作が特別賞10万円コースなので、鈴木英二局長の後輩。
賞の選考では、推薦してくれる選考委員の力がなんとかかんとか…。

木下昌輝先生
直木賞発表前夜!確率は(候補が5作あるので)20%!お話の多くは直木賞関連でしたので割愛。
テーマをひとつ決めてメインとなる短編を書き、そこから話を広げていく。作品のテーマの決め方や、情報収集のひとつにカルチャースクールがある。
武蔵の場合は、DTPスクールで知った吉岡憲法が原点となる「憲法黒」がきっかけだった。しかし、武蔵の資料は信憑性の高いものが少なく、また自己顕示欲の強いものが多いためにとっかかりとなる作品を生むのに難儀した。
マイナーな主人公かもしれないが、お祭りがあるものは年に一度は必ず話題になるので、長く読み継がれるかもしれない。「天下一の軽口男」の米沢彦八、「絵金、闇を塗る」の弘瀬金蔵とか。
尊敬する先達はいるが、木下さんとしては星新一のような何でもありの作品を書きたいとのこと。
若い人達に時代小説を読んでもらうことに関しては、高校生直木賞が有意義であり、意外な視点で読んでいることに気がつく良い機会だった。こちらに関しては、「宇喜多の捨て嫁」巻末に収録されています。
d0090664_16155200.jpg
期待された強敵と書いて友と呼ぶ谷津矢車さんとの対決は、剣ではなく筆(口とも言う)で、俺の分野に入ってくるんじゃねぇとか、次は何を書くんだとか、まだまだ手の内を探るつばぜり合いでした。
おいらは「人魚ノ肉」が大好きなので、今後もこのような伝奇、ファンタジーに振った作品を書かれる可能性はあるのか訪ねたところ、もちろん書きたいし、書くつもりとのこと。
また、フィクションとノンフィクションのボーダーライン、虚の部分を作る上でこれ以上はやってはいけないとしているところがあるのかとの問いには、意外にも、史実をしっかり押さえたうえで、後は自由に想像して描くそうです。ただし、見破られにくいところで史実の中に虚を盛り込むことがあるのでおたのしみに!とのことですが、おいらじゃ見破れないぞ。

登壇される先生方のトークもさることながら、軽妙洒脱で打てば響く誉田龍一さんの司会がめっぽう面白いのが、操觚の会トークショーの大きな魅力。汗をいっぱいかきながら盛り上げる誉田さんも応援しよう!
以降の操觚の会は、9月と11月です。

[PR]

by cthulhu_dune | 2017-07-19 16:28 | 文化・社会
2014年 06月 24日
又吉一雄長官の薫陶あふれる演説
貴様に問う、健全とは何ぞや。
笑わせるな、違うとは言わせんぞ。
貴様は、いや貴様とてエロい行為の産物だと言うことを。
自分達はエロを謳歌して年を重ねたんだろう。
なのに若者にはそれを見せず聞かせず蚊帳の外だ、偽善者めが。
そこまで言うならエロをせずに子供を作ってみろ。
恋人とエロを抜きで付き合ってみせろ。
所詮、愛などエロの文学的表現に過ぎん。
正しくエロを育む事こそ、愛を育む事に他ならんのだ。
よく聞くがいい。真の犯罪者とは自分を棚に上げて身勝手な倫理を押し付ける、貴様らのような不健全な輩のことだ!
不健全な中高年めが!

規制規制の世の中に一石を投じる一節だと思う次第。
[PR]

by cthulhu_dune | 2014-06-24 22:24 | 文化・社会
2014年 04月 01日
消費税増税と大衆心理
今日を境に消費税率が上がるので、3月中頃からドラッグストアの店頭からトイレットペーパーが消え始めていた。

トイレットペーパーなんぞたくさん買ったつもりでも、年単位での消費量を倉庫にたくわえるほどでもなければ大きな節約にはならないのだけど、買いだめて置くことで安心感が得られるならそれはそれでいいのではないかと思う。
もちろん、それは買いだめをした人だけを見た視点での意見であり、必要なのに買えなかった人に視点を移せば良からぬ行為である。
もう一つの視点、販売者にとって見れば絶好のチャンス。
欲しい物が手に入らないとより欲求が高まるという心理を突けば、今なら高値でも売れる、となるわけだ。
普段なら店頭から消えることのない高級トイレットペーパーですら無くなっているのは、必要に迫られた購入者によるものだけではないと思う。

こんなことは、1989年の消費税導入をさかのぼって1973年のオイルショック、トイレットペーパー騒動から繰り返されてきたことなので、とやかく言いたいけど言ったからと言ってどうなるものでもないことは重々承知の助。
こういった歴史はもっと古いんじゃないかな。

個人的に恐ろしいのは、本質を見極めることを放棄してあっさりと熱狂に陥る大衆の心理。
アドルフ・ヒトラーとナチ党の例が有名だが、戦争や騒動の発端と進行は往々にして「熱狂」である。
その「熱狂」は、本質がデマであっても見抜くことができず、真実を訴えても聞き入れないほどに、人の耳と目を塞いでしまう。

あってはならない「熱狂」に、今後陥らないことを祈るばかりだ。
いや、みんな熱狂によって自滅してしまえばいいのだ…Ψ(`∀´)Ψ

そういえば、長期保存食の筆頭、缶詰の店頭在庫は豊富だったな。
トイレットペーパーなんぞよりも食費の方が圧迫されそうなのに、何でみんな買いだめしないんだろう?
[PR]

by cthulhu_dune | 2014-04-01 12:31 | 文化・社会
2014年 01月 01日
謹賀新年
d0090664_17355014.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2014-01-01 17:36 | 文化・社会
2013年 11月 10日
アランデル ピグマリオン 吉田一也の猫
今日は、自由が丘アランデルの「Arundel in Wonderland ChapterVI」、目黒ジェオグラフィカのドールスペースピグマリオン展「Le rêve de la poupée 2」、日本橋高島屋の「陶の猫百態 吉田一也 展」に行ってきました。

d0090664_1323565.jpg

アランデルは不思議の国のアリスがコンセプトの雑貨店なので、どこからどこまでが「Arundel in Wonderland ChapterVI」なのかわからないほどの不思議な空間。
ハンプティ・ダンプティとチェシャ猫は好きなキャラクターという程度で、ルイス・キャロルにはそれほど思い入れはないのですが、統一されたコンセプトの品揃えは実に愉快で、宝探しをしているみたい。
一応目的はPoorman's Gold Labelということもありましたが、ジオラマ風に仕立てられた展示はひときわ目を引いていました。
チェシャ猫のアーマーリングに惹かれつつも、いあいあ、おいらにはクトゥルーアーマーリングがあるじゃないかとデザフェスでの散財を転嫁して、怪奇幻想映画ファンとしてはスペードの女王は外せないよねとトランプ兵の識別指輪からスペードのリングをゲット。
それにしても1948年版「The Queen of Spades」、日本語版が出ていないのが残念。

ピグマリオン展は、地下1階地上2階の大きなアンティークショップのあちらこちらに人形をちりばめた、とても雰囲気のある展示会。
我が家で実現するのはまあ不可能ですが、アンティーク家具に据えられた人形たちは違和感なく溶け込んでいて、アンティークも人形も楽しめるものでした。
人形のバラエティーも豊かでしたが、解体されているものがなくてよかった…。

吉田さんの猫展は毎度楽しみですが、新作の猫玉がかわいかった。
土曜の午後ということで混雑しており、お話を伺えなかったのはちょっと残念。
いつかは神格猫をと思うものの、置き場所がないんですねぇ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2013-11-10 01:32 | 文化・社会
2013年 09月 15日
ハロウィンカーニバル2
d0090664_035240.jpg


横浜シャルムシュールのハロウィンカーニバル2に、カミさんとのクトゥルー様あみぐるみとピヨピヨ羊毛フェルトバカユニット「るるい宴」で出展します。
素敵な作家様たちが集結するので、御用とお急ぎがあってもぜひぜひ足をお運びくださいませ〜!
10月5日から10月31日まで。
http://www.charmesur.com/
[PR]

by cthulhu_dune | 2013-09-15 00:35 | 文化・社会
2013年 05月 06日
コミティア104&トレジャーフェスタ有明9
悪友に会うためと、念願だった邪神浮世絵をゲットするためにコミティア104に、同じビッグサイトで開催されているトレジャーフェスタ有明9も少し余裕があったので行ってきました。

悪友とはここしばらくコミティアではすれ違いだったので、実に久しぶり。
帰宅後に拝読しましたが、これまたいいところで終わっていやがるぜ!
d0090664_23574621.jpg

細君の細工物の幅も広がり実に充実したブースでございました。
d0090664_045797.jpg


念願だった邪神浮世草子は、既刊も含めた全冊入手できて満足満足。
コミックス、アニメにもなっているクトゥルー神話ですが、浮世絵は唯一無二ではないでしょうか。
作者様とも少しお話しできましたし、クトゥルーの成長サイクルがかわいいTシャツもゲットして今日は記念すべき一日となりました。
d0090664_082520.jpg

http://cybernetic.blog.shinobi.jp/

カミさんのピヨものハントの後にぶらぶら見て歩いていると、驚くほど小さなガラス細工を発見。
老眼のおいらは眼鏡を外さないとはっきり見えない世界に、なんとおいらの好物なタコとカエルとカッパがいるではありませぬか!
あみぐるみの針山にあったら楽しいなと、まとめてゲット。
縫い針をならべて撮ってみましたが、この小ささはやはり驚き。
彩り工房・澤
d0090664_0133359.jpg

http://glasst9.blog35.fc2.com/

興奮が収まらないのでもうこのままトレジャーフェスティバルに行け行けどんどん。
クトゥルーガレキといえばオムニ社
d0090664_0202312.jpg


気になっていたけどコミティアでは何となくスルーしてしまった幻妖商会のホーンクリップ
d0090664_0203427.jpg


神虫のフィギュア
d0090664_0213950.jpg


こうもりのペンダントトップはピンを付けてブローチにしようかと。
【追記】これはコミティアでゲットしたのでありました。棺桶を引きずって歩いている作者様が大変ユニーク。
d0090664_022223.jpg


暗闇の悪魔 大頭人の襲来と、大アマゾンの半魚人の干し首!のストラップ
d0090664_023227.jpg


雨ガラスさんが参加しているドールショーにも行きたかったけど、ここで力尽きてしまいました…。
というわけで、散財も激しかったけど充実した一日となりました。
[PR]

by cthulhu_dune | 2013-05-06 00:26 | 文化・社会
2013年 01月 10日
新宿曙橋商店街からマクドナルドが消えた
2013年年明け早々、新宿曙橋商店街のマクドナルドは閉店になった。
利用頻度は低かったが、賑やかな店が無くなるのはとても寂しい。

2010年2月より12ヶ月計画で進めていた、次世代店舗に向けた店舗整理だが、2012年後期の減益を受けて2013年中に110店舗を閉鎖する予定。

店舗整理の目的は、売り上げの差が店舗によって12倍あるという不採算店舗の廃止であるが、店舗の大きさや地域の状況によって差が出るのは当たり前。


2012年10月より、カウンターからメニューを無くしたマクドナルド。

カウンターメニューの廃止は、カウンターたどり着く前に、客に注文内容を決めさせて、カウンターでの注文をスムースにさせようというもの。
「頼むものは決まっている」「メニューは把握している」という客の声が取り上げられたが、そんな客はほんの一握りに過ぎないはず。
幸いなことに最も身近な店舗ではカウンターメニューが無くなることはなかったが、そもそもマクドナルドのメニューは一覧性に乏しく感じる。
ことにセットメニューはバーガーごとに表記するのではなく、定食屋みたいにポテトとドリンクはプラスいくらという表記の方がわかりやすいと思うが、いかがなものだろう。
残念ながら、カウンターメニュー廃止の効果がどう出たのかは、サクッと調べられなかった。


さらに、1月いっぱいと期間限定ではあるが、会計から商品提供までに60秒ルールを導入。

60秒ルールは、報道とネットの情報を見る限りでは、最悪の一言。
私が最後に出向いたのはルールが導入される数ヶ月前だったと思うが、そのときすでに包装方法が変わっていることに気がついた。
バーガーの包装は四角い紙を斜め方向に折り曲げ、三角形に包まれる形で食べやすくなっていた覚えがあるのだが、紙の辺に平行に折り曲げて包んであった。
これは包装を一度開ききらないと食べにくかったりする。
商品が早く提供されるのは嬉しいが、サービスが雑になっては印象は悪くなるばかりだろうに。

原田社長曰く「1秒早く商品を提供すれば、全店で8億円の増収につながる」そうだが、回転率を上げるための策としては、素人目に見ても無茶と無理を感じる。
時間だけで推し量りたいのなら、もういっそのこと自動販売機にでもしたら良かろう。

あ、マクドナルドが無くなったら、オリジン弁当も撤退しちゃうのかな?

情報ソース
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100209/1030989/
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK31011_R31C12A0000000/?df=3
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20121112/239306/?P=1
http://diamond.jp/articles/-/29955
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/byokan/2013/01/60-1.html
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO50388360Y3A100C1TJ2000/?dg=1
[PR]

by cthulhu_dune | 2013-01-10 13:05 | 文化・社会
2012年 12月 31日
あけましておめでとうございます
d0090664_23135311.jpg

今年もちゃらんぽらんで参りまする。
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-12-31 23:15 | 文化・社会
2012年 11月 25日
結合術(アルスコンビナトリア)絵画展
d0090664_21562969.jpg


新宿クトゥルーミーティングの折に紹介していただいた画家、Toru Nogawa氏の作品を拝見するため、ドラードギャラリーに足を運んできました。
氏の作品は、闇藍色に浮かび上がる非常にリアルなモチーフのコントラストと立体感に心を奪われますね、眼福眼福。

また、テンペラのライブペインティングを行っておられる田中章滋氏に、多くの愉快で深いお話を伺えたこと、実に有意義なひとときでした。
細密なミニアチュールは拡大鏡で描いていただろうことや、絵画が芸術以前の職人の仕事であった時代の絵描きの境遇、氏が仕事としてで赴いたとある国で画商の起こした大騒動などなど、まるで日曜美術館独り占めです(笑)
絵画に関しては、おいらよりも絵描きのカミさんが詳しいので、なかなか意気投合しておりましたぞな。

目的はToru Nogawa氏の作品ではありましたが、最も目と心を奪われたのは、田中章滋氏がまだ描きかけで参考展示されていたミニアチュール、聖ゲオルギウスのドラゴン退治。
おいらではとても手を出せるわけもありませんが、何とかしたいかもとときめいてしまいました。
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-11-25 21:56 | 文化・社会