カテゴリ:銀細工( 147 )

2012年 10月 28日
ナイアルラトホテップのペンダント
先日のIMAGE 2012でゲットした、三角形のアンモライト。

d0090664_21172761.jpg


ブースでこれを見つけたときに、ToyVault社のぬいぐるみをモチーフにしたデザインが曖昧ながら思い浮かびました。

d0090664_21174295.jpg


目にはカボションのガーネットを使うつもりでしたが、輝きでも色合いでもアンモライトに負けちゃうのでターコイズを入れてみました。

d0090664_21175216.jpg


裏面には、簡単な方のエルダーサイン。
星形は前回使ったので(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-10-28 21:18 | 銀細工
2012年 09月 16日
ケルト風クトゥルーペンダント
d0090664_21555113.jpg


FBのCthulhu Art Nowで紹介されたイラストを、ペンダントに仕立ててみました。
石は、ブラックスターとしておなじみのダイオプサイトですが、これは一条しか光芒が出ないキャッツアイ。
確か、品質の劣るダイオプサイトが、一袋いくらで投げ売りされていた中にあったもの。

d0090664_2156497.jpg


ペンダントの裏側には、邪神復活を阻止する効力を持つ、エルダーサインをあしらってあったり。
これで邪神の復活も封印も自由自在、あなた次第なのです(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2012-09-16 21:56 | 銀細工
2012年 07月 07日
横浜シャルムシュール「アクアリウム展」
d0090664_1147946.jpg


すでに1週間が過ぎてしまいましたが、横浜シャルムシュールにて「アクアリウム展」が開催されています。
詳細はWEBサイトをご覧になっていただくとして、私も銀細工DUNEとして、おちゃらけすちゃらかに参加しております。

アクアリウム展公式サイト
http://www.charmesur.com/aquarium.html

御用とお急ぎでない皆々様には、ぜひ足を運んでいただきたくお願いいたします。

私が出品しているのは全てボロタイ(ループタイ)。
オーバーレイ&革紐ですので、昔懐かしいニッポンのヲヤジふうにはならないのではないかと思いますが、ネイティブアメリカンやテキサスのヲヤジにはなりやすいかと思います。

d0090664_11512644.jpg


d0090664_11514541.jpg


d0090664_11523691.jpg


d0090664_1344620.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2012-07-07 11:52 | 銀細工
2011年 12月 30日
日本人の心をバックルに籠める
齢六十余にして伊勢に参り、日本人で良かったことを噛み締められた、バンジョー弾き。
そんなお父様へのプレゼントとして、お嬢さまよりバックルのオーダーをいただきました。

d0090664_22243247.jpg


メインの図柄は、バンジョーにカスタムで入れられているのとお揃いで、富士山に桜。
オーバーレイ向けに手を加えさせていただきつつ、雲をなびかせ桜を舞わせてみました。

d0090664_22244819.jpg


ベルトもお任せいただいたので、アメリカの馬具メーカー、ダブル・ジェイ・サドリーの、ベーシックなバスケット柄を合わせました。
幅広でかなりの厚みがあるので、柔らかく馴染むまでに時間はかかりますが、強い男には強いベルト。
体にフィットするころには、バックルもベルトも良い経年変化を醸し出していることでしょう。
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-12-30 22:25 | 銀細工
2011年 11月 03日
第5回 ホピ・ズニ作家展
d0090664_21583317.jpg

第5回ホピ・ズニ作家展にて、アーヴィン・テイラー氏と。
彼の作品はso beautifulなのだ。

ホピ・ズニ作家展のサイト
http://hopizuni.blog117.fc2.com/

アーヴィン・テイラー氏のサイト。
http://www.breathofthesun.com/
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-11-03 22:00 | 銀細工
2011年 09月 26日
薔薇と蝶のバングル時計
d0090664_22512750.jpg


薔薇と蝶をあしらった、腕時計用のバングルです。
今回から、留め金の形状を少しだけ変更していますが、基本的なところは変化なし。

d0090664_22514243.jpg


クラスプにあるようなスマートな留め金も考えてはいるのですが、押して外す構造だと、どこかにぶつけたときに外れてしまいそうなので不安があります。

d0090664_2252431.jpg


現在のフック式でも引っかけて外れることはありますが、バングルが開いてしまうところまでは行かないのが良いところ。
ただし、ニットの袖に指をかける部分が引っかかるのが難点。

d0090664_22521811.jpg


一部には両方の留め金を装備しているブレスレットもありますが、そこまで手をかけるのは…(笑)

今回の時計は、クオーツを選択。
ほんとは機械式を使いたかったのですが、このくらいのサイズのお手頃でいいものが見つからなかったので。
まあ、このハミルトンはけっこうしっくり来ていると思うので、良い選択だったのではないかと。
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-09-26 22:52 | 銀細工
2011年 06月 19日
退社記念にボロタイ(ループタイ)
大変お世話になった方が、定年を遙かに超える今年退社されることになったので、お礼をかねて何かひとつこしらえようと思ったのが、ボロタイ。
ループタイとか、紐ネクタイ…は最近あまり言わないか、のほうが通りがいいかな。

d0090664_23303783.jpg


ほかのアクセサリーも考えましたが、もともとそういうものを身につけるようにはお見受けしないこともあり、また、お年を召された方のシルバーアクセサリーはなかなかかっこいいものですから、これがきっかけになれば御の字ですが、おそらく気恥ずかしさからしまい込まれるかな、などと考えあぐねた結果がボロタイです。

d0090664_233049100.jpg


これなら年齢に関係なく身につけられますし、紐をレザーにしましたので同じ田舎のオヤジ(失礼!)っぽくなってしまうにしても、カントリーオヤジっぽくてかっこいいのではないかと(笑)
まあ、首元まで締め込まなければペンダントとして使えるので、ワシやカミさんがつけてみても思ったほど年寄り(さらに失礼!)っぽくはならないのですね。

d0090664_2331084.jpg


なので、そのうち自分用にも作ってみようかな、とかなんとか。
ちょっとだけ手抜きをしようと、紐を止める金具と、紐の端を止めるエンドパーツも既製品を入手してみたのですが、金具は革紐の太さに足りず、エンドパーツは自身の細工と合わなかったので却下。
どちらもさほど手間はかからないので、結局作ってしまいましたなり。
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-06-19 23:31 | 銀細工
2011年 06月 06日
第24回東京国際ミネラルフェア
6月5日の土曜日に、第24回東京国際ミネラルフェアに行ってきました。
震災の影響で規模は縮小と聞いていましたが、なんのなんの。
すれ違うのが大変と、いつもと変わらぬ盛況ぶりでありました。

で、買わない買わないと言い聞かせていたのにゲットしてきたもの。
さすがに大きな石と大きな出費は控えて、オーバーレイがメインのリングにあわせやすいよう、小さめの石に小さな出費です(笑)
d0090664_23145924.jpg

ルチルキャッツアイ、アンモライト、アフガナイト。

オイル入りクオーツは、
d0090664_23151025.jpg

紫外線ライトで鮮やかな水色に蛍光します。
d0090664_2315198.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2011-06-06 23:15 | 銀細工
2011年 06月 01日
古い銀粘土が出てきた
道具箱を整理していたら、開封済みの銀粘土がいくつか出てきた。
d0090664_22263980.jpg

さすがにカチンコチンに乾燥していて、カビが生えているものもあったり(笑)
水分補給して練り直してもなぁ…。

というわけで焼成して鎔解して銀塊にしてしまいました。
d0090664_22265152.jpg

ほぼ純銀なので、表面が全く黒変しません。
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-06-01 22:26 | 銀細工
2011年 05月 16日
ケルトモチーフリング
d0090664_22383170.jpg


先日のバングル時計と対になる指輪。

d0090664_22384227.jpg


この手のモチーフはすでに何度も作っているので、丸一日あれば地金引きからできるかな~と考えていたけど甘かった(笑)

d0090664_22385270.jpg


手が遅いのは相変わらずですが、wii fitの甘い誘惑に負けてしまったのでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-05-16 22:38 | 銀細工