<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 27日
『ドクトル・マブゼ』第1部
d0090664_1423324.jpg

6月21日、学士会館に於いて、澤登翠師匠の活弁公演。

ドイツ表現主義時代の映画のひとつとしても、知名度の高い1922年版のマブゼ君。
怪奇なのか犯罪なのか今ひとつわからないながらも、フリッツ・ラングの名前に惹かれてビデオを輸入した作品。
ところが、興味津々で見始めたのはいいものの、意外なほど少ない英語字幕は読むのも必死ながら、意外なほど物語が把握できないというもどかしさ。
マブゼ君の手下の多さほどに主要人物は多くはないものの、マブゼ君の多彩な変装も相まって、人物相関はおろか、どれが誰やら混乱してしまう始末。
そして、頭が混乱すれば睡魔が訪れるのは自然の摂理。
まるでマブゼ君の催眠術に堕ちるがごとく、知らぬ間に座椅子の背もたれを倒してしまうのでありました。

そんなわけで、とぎれとぎれながらも全編は見ているのですが、何しろ1部と2部を合わせて4時間に手が届こうかという長さ。
記憶にとどまっているのは、爛々と輝くマブゼ君の目玉に、みんなでテーブルを囲んでいるシーン、壊れたマブゼ君の奇怪な幻覚ぐらいとお粗末なもの。
今回の活弁公演は、この作品を理解するための重要な機会となるのであります。

とまあ長い前口上はいつものことながら、社のある京橋から神保町の学士会館までは、地下鉄で2駅乗り換え1回。
これはすぐに着けるかなと思いきや、歩く距離の長いこと長いこと。
おかげで上映開始に間に合わず、貴重な冒頭部分を見逃してしまいました。

さてさて、肝心のマブゼ君は、心理学に長けた催眠術師にして詐欺師。
人の遠隔操作なんかしちゃって、それはテレパシーではないかいな、なんてこともやってのける怪人物。
そして彼の一番の芸当は、メイクのシーンや活弁がなければ、それがマブゼ君だとわからなくなってしまうこともあるほどの、見事な変装。
ただし、彼の目的にして唯一の楽しみである犯罪は、単なる物欲や征服欲ではなかった。
人を、社会を、その手で操ることこそが、マブゼ君にとって至上の快楽。
今日も高名な紳士や老人になりすまし、株式市場や有閑金持ちを騙し眠らせ陥れては、途方もない金品を巻き上げるのである。

そんなところへ現れた御曹司エドガー・フルは、彼にとっては恰好のカモ。
マブゼ君の催眠術に操られた彼は、カード賭博で莫大な借金を抱え込んでしまうが、そこはそれ金持ちの息子。
凝りもせずにせっせと怪しげな遊び場へと足を運んでくれなきゃ、物語が進まない。
そんなフル君をさらなる深みへ落とし込まんとする、マブゼ君の部下にして愛人のカラ・カロッツァ、明晰な頭脳と強靱な精神でマブゼ君を追い込まんとするフォン・ヴェンク検事に、知性と美貌を兼ね備えたトルド伯爵夫人を交え、一大捕り物絵巻が展開されるのであった。

しかし、今回は第1部のみの公演。
トルド伯爵夫人危うし!魔の手に落ちた夫人の運命やいかに!…で次回8月公演に続くのでありました。

澤登師匠の活弁は、私にとって実にわかりにくかったこの物語を、これほどまでに理解させてくれる見事なもの。
しかも、その情報量の多さであるにもかかわらず、無味乾燥な説明調になることなど微塵ありません。
これもひとえに、作品への深い理解と、観客への深い愛情のなせるわざ。
このあたりは、上映後のトークタイムで存分に語られています。
マブゼ君となって客席をもその術中に誘わんとする澤登師匠は、まさしく活動写真そのものとなって語りかけてくるのですなぁ。
幻想主義映画独特ともいえる、不安定な直線で形作られたセットも相まって、我々はいともたやすくその術中に堕ちてしまうのでありました。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-27 14:23 | 映画・映像
2007年 06月 24日
6月の誕生日に
d0090664_23303186.jpg

6月といえば花嫁、ジューンブライドですね。
なんてこととはこれっぽっちも関係なく、「6月の誕生日に」といってもまるでロマンティックなことではなく、すでに老齢に達した私の母が今月誕生日なだけ。

実家を離れて以来、年に幾度も帰ることはなく、滅多に連絡も取らないこの親不孝者。
母の日父の日もカミさん任せという体たらくなので、老いたりとはいえ女性であることに変わりはない母の誕生日ぐらい、ささやかながらこの手で祝ってみようかなと、妙に神妙な心持ちになったというわけで、銀細工なのですな。
d0090664_23304668.jpg

ありがちな題材ですが、6月の花である紫陽花と、淡水ではありますが6月の石を合わせて、現在の私のスタイルに仕上げてみました。
葉っぱが無ければカリフラワーかメロンパンに見えてしまいますが、まあそこはご愛敬。
花の部分は透かしてあるので、合わせた服が花の色に見えるようになっています。
というのは先日のバラと同じですが、色変わりが特徴の紫陽花には、うってつけなのではないかと。
ネックレス部分も淡水パールを組んでありますが、ここはシンプルにチェーンのほうがよかったかな。
ま、ブローチ兼ペンダントトップなので、そのあたりは好きなように替えられるので良しとしましょう。

ところで、仕上がりには全く不満はないのですが、もうひと工夫足りないような気がしてなりません。
それがなんなのかはわかりませんが、細工をもっと細かくするとか、石を多用するといった、技法以外のところに何かあるのではないかと思うのですなぁ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-24 23:32 | 銀細工
2007年 06月 19日
ハスケルのロケット
d0090664_10412593.jpg

ああっ、なぜこんな物が手元に…。

などとすっとぼけたところで、お財布の紐がゆるんじゃったことは自明の理。
コスチュームジュエリー、特にミリアム・ハスケルのフィリグリーとパールの組み合わせは、銀細工で目指したいところのひとつ。
できればひとつ手元に置いておきたいと思いつつも、この組み合わせの物は結構なお値段がするので、お財布の紐をゆるめたところで瓢箪から駒は出てこないのが現状。
仕方ないので、写真を眺めては立体を想像してみるんですが、振ればカラコロなんて音がするような頭では眠くなるばかり。
アンティークショップの店頭で目に焼き付けてきても、帰途で目にする美人さんのおかげでどこへやら。

そこで長いこと悩んだり忘れたりしていたのが、このハスケルのペンダント。
パールでないのが残念ですが、そのおかげで資料として何とか手の出せる範囲。
フィリグリーであることは当然ながら、ロケットになっているというあたりからも、誘惑の魔の手が伸びてきます。
そんなこんなしているところへ、sirenaの青玉という新たな誘惑も出てきたのですが、二兎を追う者一兎をも得ずの習わしあり。
ここはきっぱり双方ともあきらめてしまおうとかなんとか、経済的英断を下せないのが、意志薄弱ゆえの哀しさ。

ベースとなるフィリグリーだけでも作れるようにならないものかと始めたのが、糸鋸ギコギコ。
ここから先へなかなか進んでいないことを鑑みて、ついでに物欲も考慮して、やはりハスケルを入手しておこうとなったのでありました、ちゃんちゃん。

そんなアホな入手の経過はともかくとして、これほどの作品が出来る出来ないはさておき、資料としてもコレクションとしても満足できる逸品なのですなぁ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-19 10:41 | 文化・社会
2007年 06月 17日
薔薇二蜂一透かし切り
『赤胴鈴之助』の敵の必殺技みたいなタイトルですな(笑)

残す部分を細くした透かし切りでは、そのままではなかなか強度が保てません。
かといって、裏板をあてたり中空に封じ込めてしまうと、見た目の面白さとは裏腹に、身に着けたときの透け透け感がいまひとつ。
ここは思い切って、多少の工夫はしつつも強度の優先順位を下げて、身に着けたときに透かし切りが映えるようにしてみました。


【薔薇のブローチ】
d0090664_10244549.jpg

花びらの部分だけ裏板を抜いたので、服地が花の色になります。
リボンはそのままロウ付けするつもりでしたが、シャフトを通して揺れるようにしてあります。
d0090664_1025299.jpg

ここにスプリングを仕込んでトレンブランと言い張るつもりだったのですが、テンションの弱いスプリングが見つからなかったので断念。
ためしにフロッピーのシャッターに使われているスプリングを入れてみたのですが、硬すぎて自重だけでは揺れてくれませんでした。
スプリングなしではリボンはヤジロベーのようになってしまい、ほとんど動かないので、ガーネットは重りの役目も果たしています。
d0090664_10251716.jpg

ペンダントトップとしても使えるのでした。


【薔薇のペンダント】
d0090664_1026247.jpg

まあ、見たまんま。
強度の確保もかねて、軽く打ち出して立体感を付けています。
おまけのつもりだった合成ルビーでしたが、あった方がずっと見栄えがするので、これでよし。
実は、研磨前の薄汚れたパーツの状態では、おもちゃ箱の中に忘れ去られたグリコのおまけみたいだなぁと思っていたので、仕上がったときの見栄えにほっとしたのでした。


【蜂のピンブローチ】
d0090664_10265051.jpg

以前、何に使うかも考えずに切り出した蜂に、蜂蜜に見立てた石を持たせてみました。
もともと細く切り抜くつもりで厚手の板を使ったためか、打ち出そうとしたらおかしな方向にゆがみかけたので、あわてて元通りに修正。
なので、蜂が真っ平らのままなのは、ちょっと残念。
そのかわりというわけではありませんが、蜂が回転するようにして、どの向きにブローチピンを刺しても蜂は同じ向きになるようにしています。
d0090664_1027068.jpg

そんな構造のため、もちろん蜂は揺れます。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-17 10:29 | 銀細工
2007年 06月 15日
装飾の装飾
d0090664_1015258.jpg

相変わらず思いつきで作っている、銀細工。
しかし、仕上がりに近づくにつれ、思ったよりも面白くないなぁというのが、非力な実情。
かといって、放置するのも地金に戻すのもためらわれる貧乏性なので、石で装飾をしてみることにするのでした。

てなわけで、久しぶりの爪枠作り。
ロウ付け時の固定が面倒な爪ですが、ためしに瞬間接着剤で仮固定してから、からげ線で巻いてみたら、あら簡単。
まあ、一度熔けたロウは融点が上がるようですから、ひとつひとつピンセットで挟んで着ければいいんですけどね。
接着剤は、オーバーレイを重ねて切り抜くときの仮固定に使っていたんですが、はがすときにバーナーで焼き飛ばすので、ひょっとしてロウ付けにも使えるかな?と思った次第。

さてさて、これが装飾となるか虚飾となるか、今夜あたり組み上げられるかな。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-15 10:02 | 銀細工
2007年 06月 04日
まだまだ「バラとチョウ」のペンダント
d0090664_13562054.jpg

バカのひとつ覚えのように、まだまだ続くバラやらチョウやらのモチーフ。
今度はカミさんからのリクエストで、表のモチーフは同じながら、裏にはキャッツアイのルチルさん入り。
実は初作と同じ4月頭に手を付け始めたのですが、もうひとつ納得できずに遅々として進まず、今頃完成しました。
ちなみに、革紐のチョーカーはカミさんのお手製。
この太さを全く考慮していなかったので、大きめに作ったバチカンにもかかわらず、通らなかったのでした(笑)
d0090664_13563053.jpg


バラのモチーフはこれまでの中でもっとも細かいものですが、多分これが嫌気が差す限界(笑)
もっとも、単純そうな裏側の幾何学パターンは、以前書いたように途中で投げ出したくなりましたけどね。
中にはカミさんのとある仕事を記念して(という理由は後から付けた、実は他で使うつもりだったのもの流用、笑)、クイーン・アンという装飾文字の“D”が入っています。
が、例によってこれがまた視認しづらい、けど何か中に入っているぞという面白さがメインなのでこれでよしなのだ。
バチカンの透かしも、めんどっちいので以前と同じ天使にしようかと思ったのですが、それも何だかなぁというわけで、バラのシルエット…。
のはずなんですけど、切っているうちに「これじゃ怪物のシルエットだなぁ」と相成りましたとさ(笑)
リバーシブルの本体を好きなときにひっくり返せるよう、バチカンはぐるぐる回る構造にしています。

作業自体は遅かっただけで特に支障はなかったのですが、笑っちゃったのがバレル研磨。
今回は細かいピンも加えてぐるぐる回すこと1時間、取り出してみたら、ピンが中にぎっしりと詰まっていました。
これでは当然、研磨されていないわけで、時々ふたを開けて様子を見ながら再研磨しています。

ところで、全てが透かし切りの構成が気に入ったので、全くといっていいほどギミックがないのがチト寂しいですな。
蝶つがいと合わせ目が、私にはなかなかめんどっちいんですけど、何とかロケットを作ってみようと思ったり思わなかったりなのです。

d0090664_13563831.jpg

余談ながら、ローラーを買って以来、最近ずっと新しい地金を買っていませぬ。
手持ちの分もあまりおろしていないので、もうひたすらリサイクル地金なのですなぁ。
まあ品質を保証しなきゃいかんわけでもなし、加工していてもおかしな変質は見られないので、これもこれでいいのです。
ほら、地球にやさしくなくっちゃね(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-04 13:57 | 銀細工
2007年 06月 02日
収穫〜予定と物欲〜
家庭菜園2007
d0090664_8392613.jpg

去年のトマトは〜青くて、固かったわ〜♪(桜田淳子/気まぐれビーナス)
去年の我が家のベランダ菜園では、そしてそのまま朽ち果てたのであった。
さて、今年も植えてみましたが、赤くなるでしょうか?
今回は、ミニトマト、シソに加えてきゅうりを作っています。
どれも小さいうちから花を咲かせていますが、大丈夫かな。
とりあえず、シソはもうちっと育って欲しいので、花を摘んでしまいましたが。
きゅうりも、一応それらしいものが付いていますが、このまますでに1週間。
その昔の幼少のみぎり、実家で育てていたときはもっと早く成長したので、トマトもきゅうりも結構不安です。
このままでは、実を味わうのではなく、花を愛でて終わってしまいそうなのでした。

病は気から、物欲も気から
d0090664_8401726.jpg

喘息がひどくて何もやる気がなかった数週間。
このままじゃバカになっちゃうなぁ、どうせバカになるならバカ映画をドドーンと見ておくかなぁと、性懲りもなく入手したのがバカ50本を3セット。
子供の頃、タイトルに憧れていた深夜映画。
しかし、がんばって見始めたのもつかの間、気がつけば砂の嵐。
そんな作品ばかり、おそらく放映されたソースをそのままDVDに落としただけの代物。
そのため、どれもこれも退色し、音揺れが発生しているので、気分はまさに深夜映画。
おかげでかつての時と同様、途中で眠りに落ちてしまうのでありました。

体調が戻ってくると、多少なりともアクティブになってくるのが病人のサガ。
ミニチュア&遠隔操作好きな男の子としては、室内でも遊べるラジコンなんて恰好のおもちゃ。
てなわけで、ミニミニヘリのハニービーと、ラジコンチョロQのフィアット500をゲット。
d0090664_8394640.jpg

上昇下降に左右回転しかできないハニービー。
そのままだとy軸上でしか動けないはずなんですが、わずかな気流に流されるわ、安定性が決して高いものではないわで、あっちへふらふらこっちへふらふら。
なので、思い通りのコントロールはできませんが、思った以上に楽しめますね。
d0090664_840125.jpg

ラジコンチョロQは思ったよりも走破性能が高く、多少の凹凸があっても乗り越えていきます。
1m四方程度の平らなところがあればそこそこ遊べるので、食後のテーブルは特設サーキットと化すのでした。

さて、今日はこれからインプラント治療の第1弾、チタンボルトの埋め込みにまいります。
何か気を紛らわすことを探さなきゃ…、あ、バカ映画50本がまだ大量に…。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-02 08:42 | 文化・社会
2007年 06月 01日
無声映画に見るパリの情景!
無声映画に見るパリの情景!『眠るパリ』『パッション』
5月30日 門仲天井ホール

輸入ビデオは持っているけど、全くの無音のためこちらが眠ってしまうばかりの『眠るパリ』。
そんな経緯もあって、音楽どころか活弁がついているとあっては、かなり食指を動かされます。
それに、ルネ・クレールの実験的なこの初作はSFとしてもユニークなものなので、足を運んで置いてもいいかなと思った次第。
桜井麻美嬢の活弁はといえば、以前耳にしていたとおりの淡々とした解説みたいな感じ。
エッフェル塔の解説などはストーリーに絡めることもなく、この場面に挟んじゃ興ざめじゃないかい?といった具合。
残念ながらフィルムにも活弁にも意識がいかなかった部分がありますが、これが桜井嬢のスタンスならば致し方ないところ。
もっとも、耳が慣れてしまったこともあり、止まった時間に疲れ果ててしまう人々とは裏腹に、私自身は疲れてしまうことはなかった。
まあそれはさておき、音楽と活弁のついた『眠るパリ』は、やっぱりおもしろい。
ついでに、クルーズ博士の姪、いかにもアールデコを象徴する職業婦人といった装いのニースが、かわいい(笑)
演じるはマイラ・セラーなんだけど、調べてみたらこれともう一作しか出演記録に当たらなかった。

『パッション』は、実はまったく目当てとしてはいなかった。
これ、ヒロインであるジャンヌがあまりに非道だし、フランス革命をやりたかったせいか終盤のあまりの駆け足に、見ているこちらがヘトヘトになるから、あんまり好きな作品じゃないから。
ジャンヌがベルサイユを追放されたところでうまく幕を閉じておくのがいいと思うんだけど、それじゃ非道ぶりを洗い流すには不足なんだよなぁ。
まあ、私の頭の中ではメフィストに固定されてしまったエミール・ヤニングス、やっぱりここでも怪演ぶりを遺憾なく発揮しているのがたまらない。
そして、以前見たときに「デュバリエ伯爵って、見得を切ったときの加トちゃんに似ているなぁ」と思ったのを、再確認したのでありました。
余談ながら…これが余談かいっ…、澤登師匠の活弁はやっぱりおもしろい。
ほとんど間のない複数人の掛け合いを、見事に演じ分けてしまうのは圧巻の一言。

そういえば、斎藤裕子さんにお会いしたのに「にゃんころがしムービー」を見せびらかすのを忘れたのでした(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-01 16:56 | 映画・映像
2007年 06月 01日
キネマ・コラボレーション『オペラの怪人』
キネマ・コラボレーション『オペラの怪人』
5月6日 東京芸術劇場

ひと月前の記憶をたどりつつ書いているので、おかしな点があってもご容赦を。

なりたての喘息を薬で抑えつつ、雨降りの池袋へ。
蛇の道をゆくは蛇、怪奇幻想の道をゆくは怪人、普段お世話になっている方をお誘いしての『オペラの怪人』。
フィルムはもちろん1925年ロン・チャニー版、これに活弁と生演奏とあっては、古典怪奇幻想映画好きの目に留めておかなければなりますまい。
弁士は、まさしくオペラ座に集う貴婦人のごとき装いの斎藤裕子氏。
ピアノは、菜の花のごときドレスをまとった三沢治美嬢…あのひと美人だねーとは同席した女性たちの声(笑)…。
歌劇の殿堂たるオペラ座を舞台にしたこの無声映画、いかように語り奏でるのか楽しみ楽しみ。

三沢嬢オリジナルの劇伴は、喜怒哀楽にコメディーシリアス、スクリーンよりも出過ぎず引き過ぎず、雰囲気たっぷりの楽曲が弾かれます。
曲調は、私の耳にはクラシックとジャズの融合した、いわばフュージョンといったおもむきかな。
さて、出色は『ファウスト』のソロのシーン、ここで三沢嬢はスキャットという見事な演出をやってのけます。
しかしそこは劇伴、役者を変えて2度あるこのシーンを、まったく同じ抑揚で奏でることで、歌ではなく劇伴としての妙となっているのです、
これ、もしもカルロッタとクリスティーナで変えてしまっていたら、歌っているのか思わせられるところ。
それではアフレコになってしまい、劇伴とは異なるものになってしまいます。
歌劇のシーンをどのように魅せるのか、私にとっての大きな楽しみは、かくのごとき見事な演出でありました。
ところで、ほんの少しだけ有名すぎるウェバー版を取り入れているように聞こえましたが、それはほんとにわずかなパートだけ。
それも、冒頭と終盤だけじゃなかったかな。

さて、もう一翼を担うというか、こちらがメインといえばメインの、活弁。
斎藤嬢の特徴たる、スクリーンの中から語りかける名調子は、もちろん健在。
ヒロインの悲哀に、鬼気迫る女性の悲鳴にかけても、銀幕と弁士、どちらに目をやろうか迷ってしまうほどの動きは、毎度ながらユニークで秀逸。
あまり大きな動きのない活弁士ですが、斎藤嬢はけっこう動いているのです。
ゆえに、弁士とスクリーンの両方が、あまり視線を動かさずに見られるような席を取るとよろしいかと。
余談はさておき、今回もヒロインの見事さ…は、意地が悪いようだけど実は当たり前。
だって、主役の演出がヘタッピだったら、もう目も当てられませんもの。
なので、安心して脇役の所行に目をやれるのも、さらなる楽しみ。
中でもささやかなコメディーリリーフのひとりである、カルロッタの母ちゃん、何とも生き生きと嬉々としていることか。
実は、本作でけっこう好きな役どころが、この娘一筋のバカ親。
もっとも、チャニー版『オペラの怪人』は、今の目から見ればコミカルなシーンが多いので、ふつうに見ていても笑えてしまうんですけどね。
メインキャストを大きくいじるのは好ましくないでしょうが、脇役や端役にちょっとした演出を加えることで、活気溢れる臨場感もさることながら、主役たちも引きたれられているのですなぁ。
もちろん、怪人エリックも言うに及ばず、ですぞ。

公演後、気分が体調を上回ってしまったので、お食事とおちゃけに同席した私は、翌日喘息の症状が悪化して果ててしまったのでありましたとさ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-06-01 16:55 | 映画・映像