<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2007年 09月 24日
6日間のシルバーアクセサリーショップ

21日はオールナイトイベント「菊地秀行トークライブ」で古のヒーロー達の突き抜けたベクトルに胸をときめかせ、本編はほとんど観たことがないはずなのになぜか歌える主題歌を一緒になって口ずさみ、明け方に布団に潜り込んでしばし睡眠。
数時間の後に朝一番で歯医者に行って、インプラント最後の行程である歯を入れ、そのまま静岡に直行。
トークライブではお酒を控えたものの、少々睡眠時間に不安を感じつつ、「SILVER WITH WEB BEST FRIENDS」に行ってきました。

静岡市は私の地元で土地勘もあるため、相変わらずだったりすっかり変わってしまったりの繁華街をきょろきょろしつつ、迷うことなくギャラリーに到着。
特に気になる2つのブランドが出展しているのが魅力のひとつだったので、そのあたりを中心にぐるぐるじっくりと見てきました。

ひとつは「Tir na nOg」で、植物モチーフの透かしは思っていたよりも小さく、線の細さもたおやか。
うーむ、やはりこれぐらいのサイズだと主張しすぎなくていいのかな、などと、3センチ径が今のところもっとも作りやすい私は思ったのでした。

もうひとつは、「SilverMate-yun」。
こちらは以前よりWebサイトを見ていて、多彩なスタイルながら、その中にどこかアンティックな雰囲気を感じていたので。
しかし何がいちばん驚いたって、作家さんの若いこと!
作風と年齢には何の因果関係もないのは当たり前なんですけど、よもやlovinさんのご子息と同い年とは…(笑)
あらためて、おもしろい世界に足を踏み入れてよかったものだと、感慨深いものがありましたわい。

そんなこんなで、lovinさんのところで「あ、青玉」と思ったんですが、ぢつはフトコロが綱渡りな状態だったので見なかったことにしてあきらめて…(笑)
琴線に触れた、「満天」のエメラルドブルー(?)の輝きが強いダイクロのペンダントを、カミさんへの手みやげにしつつ帰途についたのでした。

d0090664_1135422.jpg

その、手みやげ。
これと深い赤と迷ったので、どっちがいいかはカミさんにお伺いを立てた。


d0090664_114434.jpg

これは文章とはなんの関係もなく、さっき糸鋸を引いていて出た切り屑。
はっきりした形の切り屑が出ることは滅多にないので、ちょびっとおもしろかっただけ(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-24 01:14 | 銀細工
2007年 09月 20日
DはDragonのD?
d0090664_2313525.jpg

d0090664_23131788.jpg


いいえ、DraculaのDです。
今月の菊地秀行トークライブは、菊地センセーの誕生月。
てなわけで、プレゼントには“D”にちなんだとおぼしきブローチを作りました。
ま、ベタなモチーフですが、見ての通りですわ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-20 23:14 | 銀細工
2007年 09月 18日
サブちゃんのジャンゴ♪
d0090664_15145113.jpg

「マカロニウエスタン・ジャンゴ」を観た翌日、思わず北島三郎の「ジャンゴ〜さすらい〜」を探しに行ってしまった…。
ウエスタンに合うのはカントリー、チャンバラに合うのは演歌民謡。
ドンパチは欧米の時代劇、チャンパラは日本の時代劇。
同じ時代劇なら、ウエスタンに演歌が合ったっていいじゃぁないか。
などという奇天烈な三段論法は抜きにして、サブちゃんのジャンゴが妙に心に響くお年頃なのであった。

あ、肝心の本編は、源平の合戦のその後のその後のそのまたその後のコメディーマカロニ時代劇。
オリジナルの「続・荒野の用心棒」ほどの無情な緊張感もなく、凄惨な嫌悪感もないけど、よくできたドラマになっています。
桃ちゃんと塩見のおっちゃんが、いいところをかっさらっていくのがグー(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-18 15:15 | 映画・映像
2007年 09月 17日
薔薇のバックル
d0090664_23433974.jpg

相変わらずバラバラ作品ですが、薔薇のバックルを仕上げました。
細かいタガネのテクスチャーには肩がこりましたが、燻しも映えて、なかなかのものがあがったと、たまには自負してみたり(笑)

d0090664_23431758.jpg

で、せっかくなのでこれに合うベルトを探しに行ってきたんですが、これはというものは酔狂にはかなりお高い。
赤ではなくトーンを落としたローズピンクで、唐草のカービングなんてのがそもそも少ないんですが、さすがは上野アメ横。
あまり量産品をあつかっていないお店に、まずまずでお手頃なものがありました。
d0090664_23432824.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-17 23:44 | 銀細工
2007年 09月 17日
「薔薇と蝶のペンダント」製作工程完結
手数はかかっても時間はかからないので、一気にいきます(笑)

d0090664_8534511.jpg

写真1
左上、まずはバレル研磨。
磁気の力で作品と細いピンをぐるぐる回し、ピンを作品にぶつけて研磨する仕組み。
このため、表面には細かいピンの跡が付きますが、手の届かない部分が磨かれます。
左下、バチカンのロウ目など、大きなデコボコや傷をヤスリます。
右上、リューターでバレルピンの後をきれいに研磨。
何度も同じような研磨行程がありますが、後からでは磨けない部分というのもあるので、そんなところを考えながら組み立ての間に研磨を挟みます。
右下、ピッカピカのヘラで表面をならす、ヘラがけ。
時々手元を滑らせて、尖ったヘラの先端で傷を付けちゃうのが悲しい〜(笑)
微少な傷ならヘラでならして消せますが、ちょっと大きいとリューター研磨に逆戻り。
ヘラの表面も傷ついたりするので、時々ヘラも磨きながら、作品を磨きます。

d0090664_853546.jpg

写真2
左、薔薇の面にタガネのテクスチャーを付けます。
蝶のほうは強度を考えて組み立て途中に行いましたが、切削研磨で消えてしまうこともあるので、本来は切削研磨が終わってからやります。
右上、バフがけ。
2000番から8000番まで、3段階の白棒を使っていきます。
ここで小傷を見つけたら、500番の白棒で対処。
研磨材を使う行程では、別の研磨材を使う前に必ず台所洗剤で洗浄します。
右下、仕上がりをチェックしつつ、ハガティのシルバーポリッシュとクロスで最後の仕上げ。
ある程度の小傷が取れちゃうぐらいなので、バフよりも細かいのかどうかはわかりませんが、つや出しと変色防止効果があるので、これは欠かせません。
この後、洗剤洗浄と超音波洗浄で、全ての加工工程がおしまい。

d0090664_854486.jpg

写真3
これは納品するものなので、箱詰めなんかしちゃったりします(笑)
模造パールのネックレスは、合間に作っておいたもの。
これがやりたいがために、バチカンは大きめに作ってあったのでした。
できれば淡水真珠を使いたいんですが、以前サンプルで付けた模造でいいですよ〜とのことでしたので。

これで、蝶と薔薇の製作工程は全て終了。
さて、仕上げまであとちょっとのバックルに取りかかります。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-17 08:54 | 銀細工
2007年 09月 16日
薔薇と蝶のペンダント製作工程9
バチカンを組み付けます。

d0090664_21293773.jpg

写真1:左上から、切りだしておいたパーツを、芯金棒を使って丸めます。
このような曲げ加工の時は、硬さを感じたら必要に応じて焼きなましつつ進めます。
左下、丸まったらロウ付けする部分を切りそろえて、ぴったり合うまで歪み取りと切断研磨します。
右上、丸めると反り返るので、平らになるように研磨。
右下、内側はチェーンなどと直接当たるので、傷を付けないようにきれいに研磨しておきます。

d0090664_21295313.jpg

写真2:バチカンの歪み取りと研磨終了。
まだバーナーをあてるので、ここもPVAの1500番までです。

d0090664_2130489.jpg

写真3:左、バチカンを本体に通し、こんな状態に固定してロウ付け。
バチカンに炎が当たるようにすれば、本体には熱がほとんど入らないので、融点が高めの銀ロウでもオッケーです。
右、これで全ての組み立てロウ付けが終了して、一安心。
この後、酸洗いをして研磨に入ります。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-16 21:30 | 銀細工
2007年 09月 15日
薔薇と蝶のペンダント製作工程8
バチカンを取り付ける金具を、丸カンを使って作りますが、ほどよい大きさのストックが切れていたので、まずは丸カン作りから。
今回は、太さ1ミリの丸線を使い、内径3ミリの丸カンを作ります。

d0090664_052684.jpg

写真1:直径3mのロット棒に、1ミリ丸線をクルクルと巻いていきます。
丸カンはよく作るので、何となくロット棒のセットを入手しましたが、それまではドリルの刃の根元側を使っていました。
ちょっと太めの銀線を使う時、後で研磨する手間を惜しまないのであれば、焼きなましておくと巻き付けやすくなります。
スプリング状に巻いたら、片側を糸鋸で切り分けます。

d0090664_053539.jpg

写真2:今回必要な丸カンはひとつですが、数を作っておくと後々便利。
丸カンを半分に切って、切り口が本体と出来るだけぴったり合うように削っておきます。
この切り口を合わせる擦り合わせは、多少いい加減でもロウで埋まってしまいますが、いちばん力の掛かるところなので出来るだけていねいに。
写真では切り口がつぶれていますが、実は撮り忘れたので、残りの半分を後で撮影したものだったりします(笑)

d0090664_054556.jpg

写真3:本体をロウ付け台に、半丸のパーツは「第三の手」で固定し、ロウ付け。
基本的なことですが、小さなパーツほど熱が入りやすいので、本体側からバーナーをあてていきます。
そうしないと、ロウが半丸パーツのほうに流れてしまい、ロウ付け失敗なんてことになりかねません。

次は、バチカンを作って取り付け。
ロウ付けも最後の1回ですし、組み立ても大詰めです。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-15 00:06 | 銀細工
2007年 09月 13日
薔薇と蝶のペンダント制作工程7
火を使った派手な作業の後は、再び地味な作業に入ります。

d0090664_23392787.jpg

写真1:合わせ目がデコボコなので、これをヤスリで削っていきます。
中目、細目、油目と3段階でヤスリを細かくしていき、角も丸めたら終了。
下にたまっている銀の削りかすは、大切な資源。
量がたまったら、溶かして地金にしてあげます。

d0090664_2340855.jpg

写真2:続いてリューターを使い、PVAの1500番まで仕上げておきます。
ちなみに、喘息を患ったことから組み立て式の防塵ケースを使っていたりします。
防塵マスクの煩わしさもなく、後のお掃除も簡単。
後で息苦しくなることもなくなったので、もっと早く使っていればよかった(笑)

d0090664_23402493.jpg

写真3:鏡面というほどではありませんが、これぐらいにはしておきます。
この後、バチカンを取り付けるパーツをロウ付けするので、その部分を後から仕上げるのは難しくなっちゃいますから。

とまあ、とっても地味で時間のかかる作業ですが、ヤスリ目が少しずつ変化するのって、結構好きだったりします(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-13 23:41
2007年 09月 13日
Case of Howard Phillips Lovecraft(1998)
フランスで制作されたH.P.ラヴクラフトのドキュメンタリー、「Case of Howard Phillips Lovecraft」が、カナダでDVDリリースされます。
というニュースが、9月12日付でunfilmableに載りました。
これだけではたいしたニュースじゃないんですが、これがなんとアマゾンジャパンでオーダーできるんですねぇ。
USアマゾンでは出来ないのに、ってあたりがへんてこりんなニュースなのでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-13 16:32 | 映画・映像
2007年 09月 13日
薔薇と蝶のペンダント製作工程6
全行程の中でも、もっとも楽しい組み立て入ります。

d0090664_9224168.jpg

写真1:本体ロウ付けのその前に、タガネのテクスチャーを入れます。
本来は熱加工が全て終わってからのほうがいいと思いますが、中空の中をしっかり固定する手段が見つからず、組み上がってからでは本体をゆがめかねません。
前回は冷や冷やしつつも成功しましたが、今回はここでやっておくのでした。

d0090664_9225939.jpg

写真2:薔薇のパーツ2つをロウ付けします。
細い部分が多いので、溶かさない注意は必要ですが、これはまあ簡単なところ。
一通りロウが流れたら、隙間がないかを確認。
もし隙間があったら、ロウが足りないようであれば銀ロウを追加し、もう一度熱を入れてロウを流します。
ぴったりくっついたら酸洗いし、次のロウ付け面を研磨しておきます。

d0090664_92391.jpg

写真3:ロウ付け済みの蝶のパーツと、写真2のパーツをロウ付け。
パーツを溶かさない注意に加えて、ロウ付け済みの部分をはがさないようにする注意が加わります。
パーツが不用意に動かないように固定して、焦らずゆっくり、大きな火を全体に回すように入れるのがコツかな。
こちらもぴったりくっついたら、酸洗いして終了。

大きなパーツが組み上がると、形になってきた実感が湧き、ちょっと嬉しくなりますね。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-09-13 09:24 | 銀細工