<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2007年 10月 31日
H.P.LのDVD2篇
d0090664_23275939.jpg

『Case of Howard Phillips Lovecraft』と『画ニメ H・P・ラヴクラフトのダニッチ・ホラー その他の物語』が届きました。
前者は先日リリースされたもの、後者は数ヶ月前にリリースされたものの、まあいいかで今日に至ったもの。

『Case of~』は既見なので、リージョンと字幕の確認のみ。
ネット上ではリージョン1でしたが、この手の(どの手だ?)DVDにありがちなオールリージョン。
字幕はフランス語と英語が選択できるにもかかわらず、劇中のクレジットにちょこっと字幕が出たりしますが、肝心な音声に字幕はつけられていません。
なので、がんばってヒアリングしましょう~。
私はからっきしなんで、雰囲気だけ楽しみます(笑)
ちなみに、音声はフランス語と英語の両方がつけられています。

『ダニッチ・ホラーその他の物語』は、珍しい国産の人形劇3部作。
まずは3作通していえることは、人形の造形が不気味すぎて、怪物や物語そのものの不気味さが少々スポイルされているように感じます。
最初に目にする「普通の人」があまりに不気味なので、たとえばヨグ=ソトースなんかどんな造形なんだろうと期待させられるのですが、こりゃ老ウェイトリーの方がよっぽど気色悪いやってことになったりするのが惜しい。
短編ながら話はよくできているので、普通と異常のメリハリがほしかったですね。

『家の中の絵』は、ミッキー・カーチスの語りが軽妙な落語のよう。
とはいえ、圓朝の怪談ほどの恐怖感は感じられないのでオチも弱いかな。

『ダンウィッチの怪』は、けだるげなカントリー調の劇判がピンとこなかったのと、クライマックスの呪文大会に緊張感が感じられなかったかな。
ただし、物語そのものは変に脚色することなく、よくできているので、傑作の原作をさくっと楽しむには十分。

『フェスティヴァル』は、なんで邦題としてはよく知られた『魔宴』じゃないんだろうと思いましたが、ああ確かに魔宴じゃぁないや。
割と簡単な話の骨格にややこしい肉付けした原作を、要約したけど最後まで収まりきらなかったらこうなりましたってところかな。
もっとも、前2作とは異なりセリフが極端に少ないため、想像力をかき立てられる不可解さになっているのがよろしいかと。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-31 23:28 | 映画・映像
2007年 10月 30日
バックルロウ付け終了
d0090664_2346915.jpg

OSX10.5のクリーンインストールなんぞに時間を割かれてしまったため、バックルさんにあまり時間を割かれなかったのですが、なんとかすべてのロウ付けが終了しました。
で、いつもの酸洗い真っ白け写真というのもなんなので、真鍮ブラッシングの少しは銀らしいものを撮ってみたり。

d0090664_23462072.jpg

後は、微修正と研磨のみ。
これがなかなか時間がかかっちゃったりするのですなぁ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-30 23:47 | 銀細工
2007年 10月 29日
4個目のバックルとOSX Leopardで動かなかったもの
4個目のバックルも、やや控えめながら蝶のモチーフ入り。
背景には、和の花紋様。
まだ本体パーツをロウ付けしたところまでですが、ここまで来れば大失敗もないでしょう。
d0090664_054228.jpg

まだ研磨に入っていないので、白く小汚い状態。


さて、正式対応待ちのアプリケーションも多いOSX10.5 Leopard。
d0090664_07953.jpg

メインで使っているものは一通り動いたかに思えましたが、残念なことにUSB光デジタルオーディオアダプターのSONICAは認識されませんでした。
ウェブサイトでは自社製品の対応を急いでいるとのことですから、販売終了品のSONICAも大丈夫だといいなぁ。
これがないと、これまた古いスピーカーですが、せっかく光デジタルでDTSの使えるソニーSRS-VS1が、普通の2chスピーカーになってしまいますから。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-29 00:08 | 銀細工
2007年 10月 27日
ミュシャのカメオ
花の都、銀座は松屋で開催されている、ジュエリーフェア。
目の保養と頭の体操をかねて、26日夜にぷらぷらと見てきました。
技法や造形などはそれなりに参考になりますが、やはり眺めて楽しむのがメイン。
中でもひときわ目を引いたのが、カメオの出店。
人の顔ほどもありそうなメノウに、精緻に刻まれた彫刻は圧巻。
作風はシャープなエッジが特徴のようで、すきっとした美人像は、つと恋に落ちてしまいそう。
そんな中にあったのが、ミュシャのカメオ。
これ、カタログなどであるのは知っていましたが、実物を目にするのは初めて。
中でも、宝石シリーズの中でも、ちょっと妖艶でいたずらっぽい「エメラルド」なんか、たまりませんなぁ(笑)
ま、買えるわけもありませんのですが。
ミュシャシリーズのルースだけなら安く出しているところがあるんだけど、これを額装して眺めるのも良いかな~なんて思ったりして。

d0090664_1757117.jpg

松屋を出た足で、同日18時に発売されたばかりのMac OSX Leopardを買いに。
発売から2時間以上たっているにもかかわらず、先着何名とかのTシャツがもらえたりして、やっぱり今時のコンピュータ人気なんてそんなもんだよね。
私も必然性はないんだけど、自動バックアップに魅力を感じて、ついでに新しもの好きなんでゲットしましたが。

後は、おまけ。
d0090664_175726100.jpg

のりたまがぴよのケースに入った「てのりたま」。
これをゴロゴロしていたこみみさんに抱かせてみたり。
d0090664_17573990.jpg

圧延した銀板を、こすずさんに乗せてみた。
金じゃないから小判じゃないけどね(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-27 17:59 | 文化・社会
2007年 10月 23日
K+Kデザインルームグラスワーク展覧会案内
d0090664_2222191.jpg

グラスアーティスト森崎かおる氏と、プロダクトデザイナー森崎清光氏による展覧会「glass+」が、来月11月2日より南青山のグラスギャラリー「カラニス」にて行われます。
奇抜で愉快で、美しくてほのぼの。
有機的な造形のグラスアートは、きっと笑顔を呼び覚ましてくれます。

詳細は、作家ホームページにて。
K+K DESIGN ROOM

d0090664_2223697.jpg

写真は以前Bunkamuraでの展示会で入手した、香料瓶と、三つ足猪口。
猪口はかなり使っているので、サンドブラストに使用感が出てますなぁ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-23 22:05 | 文化・社会
2007年 10月 20日
澤登翠35周年記念上映会
当代随一の活弁士、澤登翠さんは、今年で弁士35周年。
幼少5歳のみぎりより始めて…といういつものジョークで幕を開ける、記念上映会に行ってきました。
学士会館の会場も、さすがに満員御礼。
何となく座席中央に席を取ってみたら、人人人の頭でスクリーンが半分ほども見えないほど。
まあ、『東京行進曲』は映像を思い出しつつ、他2作品はぐっと首を縮め隙間から覗くことでなんとかしのぎましたが、澤登師匠の豊かな活弁と、カラード・モノトーンの叙情的な劇伴のおかげで、たとえスクリーンがまったく見えなくなってしまっても楽しむことができました。

一本目は、よく知られた『東京行進曲』ですが、澤登師匠の弁は初めての私。
斎藤裕子嬢の弁を耳にしていたので、何とはなしに聞き比べてしまいます。
ここで上手下手を語るのは、訳知り顔の野暮天というもの、同じフィルムでありながら、どんな雰囲気になるのかを感じましょう。
本編の往時を知るよしもない私いや私たちに、作品を通じて優しく語って聞かせつつ、その当時へと誘うのが、澤登師匠の語り口。
冒頭で郷愁を誘う、『東京行進曲』主題歌の一節を歌われたことで、会場は一気に昭和4年。
澤登師匠の懐の深さ、包容力の大きさを、強く温かく感じる瞬間は、いつにもまして心地よいものでした。

活弁の母…。

長い活弁の歴史の中で、このフレーズが正しいのかどうかは寡聞にして存じませんが、テレビ世代の私にとって、澤登師匠はまさに『活弁の母』なのです。
ちなみに、斎藤嬢をこれになぞらえるなら『活弁姐さん』ってそのまんまか(笑)

続きましては、『モダン怪談100,000,000円』
ほら、そこで一十百千…と数えたあなた、普通そうですよね。
これを見て一億円なんてすぱっといえる人が、そう多いとは思えません。
というのはどうでもよくって、本作はちょっとした国定忠治のパロディーも愉快なドタバタ喜劇。
これに付けられたアドリブだらけの活弁も、愉快ゝ。
監督の斎藤寅次郎は、流行り物のパロディーが得意だったそうなので、フィルムが残っているのなら小特集なんか組んでいただけると、嬉しいですねぇ。

トリの作品は、『真紅の文字』
澤登師匠が光と影の映像美を強調されたとおり、モノクロームのトーンはどことなく黄金期のドイツ映画を彷彿とさせられます。
この、リリアン・ギッシュの「いい話」に登場する、ロジャー氏。
髪も髭も伸び放題の相貌が、『悪魔スヴェンガリ』のジョン・バリモアにそっくり!
惜しむらくは、本作で重要な意味をしめる役ながら、もうひとつ活躍に乏しいところ。
あらすじはネット検索すればわかると思うので割愛しますが、不貞を攻められる針子へスターと、彼女への許されぬ愛と聖職との間に苦悩する牧師アーサー。
この二人が厳しい戒律に縛られた村を出て遠い異国へと決意したその日に現れたのが、実はへスターと重要な関係を持つロジャー。
このロジャーが二人に復讐をするといいつつも、病に倒れたへスターの娘を治療したりして、なんだかいい人。
この緊張と珍妙をはらんだ関係が物語の終盤も終盤のみなので、もっとたくさん描かれていると、よかったなぁ。

おっと、活弁と劇伴は、まさに映画と三位一体渾然一体。
特筆すべきはこの雰囲気としかいえぬほど、会場を満たし五感を満たされたこの空気、私ごときには筆舌に尽くしがたい物でした。

そんなこんなで、数日前に思い立って予約を入れたこの記念上映会でしたが、足を運んでおいてよかったよかった。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-20 21:20 | 映画・映像
2007年 10月 20日
バングル時計
バングル時計というか、時計用バングルですね(笑)
d0090664_1882042.jpg

一般的なバングルタイプの時計は、バングルの一部がぱかっと開くのが普通だと思います。
でも、そういう構造の留め金を作るのは面倒だなぁというわけで、バングルの開口部に時計をくっつけてみたらどうだろう、などと思いつきで作ってみました。
これなら、大きなパーツは時計のベルト幅に合わせたバングルだけ。
留め金はできるだけ簡単なものにしたので、パイプも含めて思ったほど手間はかかりませんでした。

普段目にするのは時計ですが、できればバングルにも目を留めて欲しい(笑)
d0090664_1883054.jpg


当初は留め金に1ミリ径の銀線を使っていましたが、強度が心許なかったので、1.5ミリ径で作り直してみたところ、強度もぐっと上がって丈夫になりました。
ただし、時計側の金具を通す隙間が1ミリしかないので、1ミリ厚まで叩きつぶさなきゃならないのがチト残念。
できれば、時計側の金具も作ったほうがよさそうですね。

まだ二日ほどしか使っていませんが、使い勝手はよさそうです。

(時計回りに)時計を開いて腕を差し込み、留め金を差し込んで、くるっと回し、出っ張りにパチンと留めます。
d0090664_1884521.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-20 18:11 | 銀細工
2007年 10月 15日
活動大写真in品川宿異聞
すっきりしない空模様に、薄ら寒い日曜日の昼下がり。
えっちらおっちらと行って来ました、キネマ・コラボレーション品川の宿は台場小学校。
せっかくなので昼飯は品川でと思ったのが、運の尽き。
肝心要の商店街は、軒並みお休み閑散通り。
宿場街道では日本そばだろうという目論見は露と消え、コンビニで調達した握り飯にパンで空腹をいやしつつ、開場を待つのでありました。

扉が開いた体育館には、小学校の記念行事のわりには子供達の姿も少なく、別のイベントとかち合ったそうで、少々寂しい客入りなのが残念。
来賓のあいさつも、何ともむなしく体育館に響きます。
とはいえ、上映が始まってしまえばそんな雰囲気はどこかに吹き飛び、走り回っていた子供達もスクリーンに釘付け。

何しろ第一演目が「血煙高田の馬場」。
ぐず安こと中山(堀部)安兵衛が1里半をひたすら走るだけの超短編ですから、大人も子供もただただ呆気にとられるだけ。
なんだなんだ、どうしたどうしたと思っているうちに、終幕となってしまうぐらいですからね。
いつもなら軽快な三味線の音色が響き渡る活弁なんですが、今回はキネコラなので生ピアノ。
三沢さんがどんな曲を付けてくるのかと興味津々だったわけですが、時代劇らしからぬ曲調でありながら、かけずり回る安部衛と実にマッチした響き。
オリジナル曲の醍醐味を、のっけから存分に味合わせてくれますね〜。

ところで、スピーカーの音がこもっている上にエコーしてしまい、まくし立てる活弁になると、聞き取りづらいのが実に惜しい。
しかし、ピアノはきれいに聞こえるのが、せめてもの救いでした。

続いての「のらくろ伍長」は、簡素な線画のアニメーション。
戦争漫画ではありますが、本作は連隊の休日にのらくろの手柄話を交えた、ほのぼのとした作品。
アニメとしては派手さがないので、子供達の反応もいまいちだったのかな。
だからといって飽きて騒ぎはじめるわけでもなく、ひたすらスクリーンに見入っていたのが印象的。

ラストの「ロイドの要心無用」は、問答無用のスラップスティックコメディー。
ロイド眼鏡にカンカン帽、毎度おなじみハロルド・ロイド君が、さえない店員の奇妙な大活躍を見せてくれます。
圧巻は、ハラハラドキドキのデパートの壁のぼり。
この頃のこの手の身体を張ったアクションは、どんなに時を経ても驚くばかり。
大人達は固唾を呑み、子供達は悲鳴をあげて、ロイド君を見守ります。
もちろん、ちょいとモダンな活弁も、かなりスイングの劇伴もノリノリ。
長編大作のキネコラもいいけれど、こんな小粋な短編集もまたたまりませんなぁ。
あー、今は無き喜劇小劇場シリーズ、斎藤・三沢のコンビで復活!なんてことができたら夢のようですわい。

ありがちな映画の上映会とはひと味もふた味も違うので、返す返すも客足の少なさが残念。
いっそのこと、ゆとり教育で空いた土曜日に組み込んで、もっと多くの子供達に見て欲しかったですね。
「ロイドのマネをしてケガでもしたら大変」なんてぇ声が聞こえてきそうですが、危険は避けつつとも学ばせることが重要ですぞ。

さて、上映後ははからずも打ち上げにお招きいただき、感謝感激雨あられ。
カミさんは残念ながら締め切りがあって同席できませんでしたが、私めといえば、久々にKAZさんとお会いしたこともあり、映画その他の話にテンションがあがりまくり、盃も進んで忘我の極みとなってしまいましたとさ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-15 20:55 | 映画・映像
2007年 10月 13日
バングル時計の制作開始
以前、余剰パーツで作った時計のベルト。
これが気に入ってるんだけど、引っかけるだけの留め金は、今ひとつ使い勝手がよろしくないというか悪い。
そこで、今度は時計のベルト専用で作ってみようと、バングルの開口部に時計を付けてみることにしました。
これなら、可動部分は時計とつながる2か所だけ、留め金もスナップ式が使えそう。

型紙を貼って切り出したところ。
d0090664_23421694.jpg


その隣でゴロゴロ転がっていたこみみさん(笑)
d0090664_2342256.jpg


裏板を付けて成形し、パイプを作ったところまでで、今日はおしまい。
d0090664_23424128.jpg


ここに写っている時計も国産自動巻ですが、おそらくマルマンあたりの安価なもの。
ベルト幅はわりと汎用性の高い18ミリ幅で作るので、気に入ったらもちっといい時計を付けるかな。
[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-13 23:43 | 銀細工
2007年 10月 11日
ケルトリング
d0090664_23232725.jpg

オーバーレイまでやってほったらかしてあった、ケルトリングを仕上げました。
以前に作ったものよりも一回り小さく、幅が8ミリ、サイズは10号。
このくらいの紋様とサイズなら、切り抜くのはそれほど手間ではなくなってきましたねぇ。
それでも、気が向かない時は遅々として進まないのでした。

側面
d0090664_23233863.jpg


裏面
d0090664_23234762.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2007-10-11 23:24 | 銀細工