<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 12日
壊れゆく刻~家電サイクル~
カミさんが渡米している間は、なんだか妙にトゥリャトゥリャな一週間でした。
特に週末は…。

土曜日は丸一日、ありったけの洗濯物と掃除でおしまい。
うだるほどのピーカンな天気のおかげで、大物もあっという間に乾いてくれたのが幸いでした。

日曜日は丸一日、カミさんのG4CUBEの修理とリカバリーでおしまい。
スロットローディングの悲しさ、ディスクを送るモーターがへたっていて使い物にならなくなって久しいDVDドライブ。
この手のドライブは単体でも高いので、私が使っている外付けDVDドライブをつなぎ、自分用には新しいドライブをゲットしてきたまではよかったのですが、なんとCUBEはハードディスクも寿命が尽きかけていたのですね…トホホ。
まともに起動しないばかりか、終いにはカツカツと異音がしはじめる始末。
仕方ないので、ハードディスクとUSB簡易接続キットまで買うはめに…。
認識できるうちに手を打てたのはよかったものの、ディスクが逝っちゃってるので丸ごとコピーが出来なくて、エラーの出るフォルダやファイルを見つけ出しながらのコピーにぐったり。
まあ、スロットローディングドライブの寿命の短さと、ハードディスクは消耗品ってのは致し方ないですなぁ。

そんなこんなでカミさんも無事帰ってきたところで、今度は私の複合プリンタが挙動不審に。
電源を入れるたびに、カートリッジ調整を要求するようになり、それがキャンセルすら出来ないので調べてみたら、どうやらそういう故障の多い機種だったようで。
その調整要求だけならまだしも、連続してプリントすると、絵柄がどんどんずれていくようになってしまいました。
すでに3年というか、まだ3年しか使ってないのになぁもうまったくやんなっちゃうわぁぷりぷり。
ヒューレットパッカードのPSC1510、複合機としてはもっとも小さいところが気に入っていたんだけどなぁ。
d0090664_1820997.jpg

使用頻度は高くありませんが、使えないと困るので、次の複合機はキヤノンのPIXUS MP610をゲットしました。
同じ場所には何とか置けたものの、二回りほど大きくて実に偉そうな外観のヤツですわ。
ただ、当たり前だけどさすがにプリントはきれいで早いわ(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2008-07-12 18:21 | Machintosh Apple
2008年 07月 12日
初めての収穫
これまでまともに収穫できたことがなかった、ベランダ栽培のミニトマト。
結実までは順調なんですが、赤くなることなく枯れていってしまうんですね。
すでに実が鈴なりの木を育ててみても、どういうわけかほとんど赤くなってくれません。
なので、トマトはやめようかなと思っていたんですが、「フルーツゴールド」という中玉の苗を売っていたので、もう一度チャレンジ。
d0090664_17372088.jpg

まだ涼しかった頃には小さかった草丈もみるみるうちに成長し、真夏日を記録し始めたここ数日で、見事オレンジに色づいてくれました。
で、早速2個ほど収穫。
思いの外甘みが強く、初めて苗から収穫できたこともあっておいしさもひとしお!
鉢が小さかったせいか数は採れそうもありませんが、残りの実も色づきつつあるのでまだしばらくは楽しめそうです。
d0090664_17374068.jpg

ちなみに、葉ものはそこそこ収穫できるんですね。
シソとバジルは、食べきる前に虫がついちゃいましたが(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2008-07-12 17:38 | 文化・社会
2008年 07月 12日
首都消失の境界線
d0090664_1736784.jpg

謎の雲に閉ざされてしまった首都と、首都機能を失った日本のパニックを描いたのが、小松左京の「首都消失」。
そんな恐怖とは裏腹に、その雲の境目はきっと幻想的な眺めだったに違いない。

写真は、雨雲が、巨大で無機質な外骨格の集団を飲み込みながら迫ってきている、ちょうど境目。
消失の境界線にいた人たちは、こんな景色を眺めながら極限に追い込まれていったのだろうか。
なんてことを、傘を忘れたことに気づきながら考えていた出勤時間なのでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2008-07-12 17:36 | 写真