<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 25日
ワルサーP38 ~ブローバック症候群~
~狂った朝の光にも似た
 ワルサーP38 この手の中に
 抱かれたものは全て消えゆく~
  ♪ルパン三世エンディングテーマより
d0090664_2029433.jpg

かつて、子供に見せたくないテレビ番組として名を馳せた「ルパン三世」。
そのエンディングテーマで一躍名を馳せたのが、ルパンの愛用するワルサーP38。
そのためかどうかは定かではありませんが、銀玉鉄砲から水鉄砲にいたるまで、数多くのトイガンが古くからモデルアップされてきました。

それほどまでに知名度も高く人気もあり、モデルガン全盛期には各社こぞってリリースしていたP38ですが、ブローバックするガスガンは、現在このマルゼン社のモデルのみ。

過去のモデルガンでは妙にずんぐりと太く感じたグリップも、このP38ではほどよくスリムに感じます。
全体的なイメージも、横から見たときの面積に比べて全体的な厚みは薄く、とてもシャープなもの。
ワルサー社から図面提供されているとのことなので、おそらくこれが正解なのでしょう。
ただし、現在手元にあるのはマルゼン社のP38だけなので、モデルガンとの比較は記憶違いかもしれませんが。

実際に撃ってみた感触は、軽めのリコイルショックながらビシッと鋭く感じます。
弾道も素直で、よくまとまっているんじゃないでしょうか。
動作音があまり金属的でないのは、致し方ないところですが、マットに仕上げられた表面処理のおかげで、見た目にはあまりプラスチックさを感じることはありません。

私が落札したP38は、シルバーモデルに付いているブラックのグリップに換装されていました。
実は、茶色いベークライト風のものよりも、黒いほうがいい雰囲気だったので入手したのですが、残念ながら茶色いグリップを黒く塗装したもので、しかも下地が見えるほどのムラだらけと悲しい上がり。
マルゼン社のグリップの塗装には定評がないのは聞き及んでいましたが、これほどまでとは…。
d0090664_2030111.jpg

というわけで、塗り直すぐらいなら、いっそ木製のミリタリータイプグリップに換えてしまいましょう。
ちなみに、ワルサー社オリジナルのグリップは、ミリタリーモデルが赤茶のまだらなベークライト、コマーシャル(民間)モデルが黒いプラスチック製です。
d0090664_20302147.jpg

さて、アルタモントからマルゼンのP38用にリリースされている木製グリップですが、もともとが実銃用なのでちょっとした加工が必要です。
というのも、実銃ではハンマーがめいっぱい落ちたところで止まっていればいいのですが、ガスガンでは落ちきったところで止まってしまうとガスが出っぱなしになってしまうからなんですね。
そのため、ハンマースプリングの伸び位置を調整してあげるため、付属の木片を接着します。
d0090664_20303238.jpg

これは、取り付け位置の指示もありますし、仮留め調整してから接着する旨の指示もありますから、さほど難しくはありません。
が、仮留め調整はかえって手間がかかりそうだったので、接着してから削って調整しました。
d0090664_20304778.jpg

これで、ヌメッとした悲しいマルゼングリップとはおさらばです。
惜しむらくは、グリップ内側に入れられた重りが重量を稼いでいるので、悲しいほど軽くなってしまうのですが、見た目と握り心地の良さに比べればたいしたことはありません。
d0090664_20305517.jpg

アルタモントのP38用グリップは、ニスが塗ってあるのかどうかわからないほど、木の地肌に近い軽めの色合いですが、ニギニギしていれば手油で深い色合いに変わってくれることでしょう。
ま、とっとと変色させたければ、ニスなり油なりを塗り込めばいいことですしね。
d0090664_2031426.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-25 20:33 | トイガン
2008年 12月 24日
メリークリスマス
今日~明後日は、全世界的にクリスマス。
教義の名の下の紛争は正義なのかとか、宗教宗派うんぬんの話はさておき…。
少しだけ幸せになったような気がする呪文、メリークリスマス。
d0090664_2394239.jpg

Semk KATのキーホルダーと、月猫のミニバージョン。
月猫ミニはペンダントとブローチあわせて6個作りまして、にゃんこ追悼、誕生日、クリスマス、お見舞いで、4つプレゼントしてきました。

d0090664_2395099.jpg

lovinさんからいただいたクリスマスカードとサンタてのりたま。
カードにしては大きな荷物だなぁと思ったら、こんな愉快なものがっ!(笑)
早速美味しく振り掛けていただいちゃいました~ありがとうごちそうさま。
[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-24 23:10 | 文化・社会
2008年 12月 13日
マルシン グロック21 ~ブローバック症候群~
銀細工の消耗品を買うために御徒町に出かけたのに、何となく立ち寄ったモデルガンショップでマルシン社の新製品が出ていたことを知ってしまい、何の躊躇もなく入手してしまいました。
d0090664_2343640.jpg

昔の空気銃はカートリッジ(薬莢)を使うタイプが主流でしたが、ガスを使うオートマチックが出てきてからは、カートリッジを使わないケースレスタイプが主流になりました。
ましてや、実銃に近い動きをするブローバックタイプともなればなおさら。
実銃とは違ってカートリッジ内にパワーソースを蓄えられないガスガンでは、ハンドガンサイズにカートリッジを使ったブローバック機構とガスタンクを納めることが難しかったんでしょうね。
しかし、モデルガンの雄というか、プラグファイヤーカードリッジで紙火薬時代に終焉を告げたマルシン社は、薬莢を使ったブローバックを実現してきました。
喜び勇んで発売されたばかりの第一号機、コルトガバメントを入手したものの、二段引きのトリガーにがっかりしたことが以前書きました。
弾が出てブローバックして排夾もして、しかも火薬を使わないというのは、ちょっとした幸せでもあったんですが、あのへんてこりんなトリガープルは。
一段目の軽いトリガーでポスッと弾が飛び、二段目の重いトリガーでカシャッとブローバック、うーんうーん…。
d0090664_2344991.jpg

そんな懐かしい時代から幾星霜、ついにまともなトリガープルのライブカートブローバックガスガンが出てしまいました。
いやまあ、Picklesの旦那からそういうのが出るとは聞いていたんですが、実物を見るまであまり期待はしていなかったというのが本音です。
しかし、店頭で試射させてもらったところ、不安がかき消されたどころか、久々にモデルガンの興奮を味わってしまいました。
d0090664_2345836.jpg

その第一弾は、実銃でもトイガンでもすっかり食傷気味のグロック。
薬莢とガスタンクのスペースを取るうえでも有利であろう、実銃では大きな口径の弾を使うためにマガジンも大きなグロック21をリリースしてきました。
それでも、実銃では13発入るマガジンに、6発を押し込むのが精一杯だったようですが。
今後リリースされるモデルも、やっぱり大口径タイプがメインになるんでしょうかねぇ。
d0090664_235624.jpg

さて、実際に撃ってみた感触は、スライドがABS樹脂と軽いためにショックも軽め。
しかし、この寒い時期でもマガジンを暖めてガスが気化しやすい状態にしてあげれば、ほどほどに楽しめる程度のショックを味わえます。
肝心な排夾は、それはもう楽しいの一言。
ガス圧が安定していれば、ほぼ同じラインを描いて飛んでいきますので、あとで探すのも楽ですね。
弾道も、3メートルで試射程度ですが、そこそこ安定しているように感じられました。
ま、確かに弾道が安定していることは、弾の出るトイガンでは重要なことの一つではあるのですが、火薬を使わないモデルガンとして楽しめることに比べれば二の次三の次でしょう。
d0090664_2351626.jpg

もっとも、これだけの完成度の中でも残念な部分てのはありまして、それはカートリッジを引っ張り出すエキストラクター。
本来あるべき位置にあるエキストラクターはただのモールドで、実際に稼働しているそれはスライドの内部、やや後ろにありました。
これは、カートリッジがチャンバーの入り口付近で保持される構造になっているためで、何かしらの意図か制約があったのでしょうけど、残念ですねー。
d0090664_2352442.jpg

まあ何はともあれ、そこそこのトリガープルと舞い散る薬莢に、サルになってしまうのでありました(感涙)
[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-13 02:36 | トイガン
2008年 12月 11日
シルエットロマンス(あるいは動物ビスケット)
d0090664_1785797.jpg

委託先のアンティークショップから、動物モチーフで極力お手頃(ここが重要~)な細工を頼まれたので、いくつか作って納めてきました。
地金づくりから仕上げまでほぼ2日。
やってることはいつもの糸鋸引きがメインなんですが、なんだかとっても単調に感じて、研磨にいたってはひたすら睡魔との闘い。
何度バフの勢いですっ飛ばしたことか(笑)

いつも思うんですが、シンプルなものって、作っている最中の汚い状態ではどう見ても砂場から出てきたグリコのおまけに見えてしょうがないんですね。
特に、ここまでシンプルなものは初めてなので、ケースに並べてそれなりに見えたときには、正直ホッとしました。

余談というか本音というかの話、お店にとっては、いくらクオリティーが高くても高価で売れないものより、そこそこでいいので売れてくれるものがほしいんですね。
私自身はともかく、このようなものにも正月の餅がかかっているということですなぁ。
それでも、露天で見かけるような量産品とは比較にならない売値になってしまうので、買う立場に立ってみると悩ましいところ。
まあ指三本のお値段、交渉次第ではお勉強も可能なので、お気に召したらお財布を開いていただけると、店主が助かりますのです。

d0090664_179753.jpg

これだけでは何なので、寒くなってきた今日この頃の、にゃんこちゃんずの写真でも(笑)
d0090664_1791670.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-11 17:12 | 銀細工
2008年 12月 10日
秋 新宿御苑散歩
d0090664_1745542.jpg

d0090664_175573.jpg

d0090664_1751616.jpg

d0090664_1752849.jpg

d0090664_1753899.jpg

d0090664_176484.jpg

d0090664_1761549.jpg

d0090664_1762357.jpg

d0090664_1764033.jpg

d0090664_1765747.jpg

d0090664_177960.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-10 17:21 | 写真
2008年 12月 02日
Artizan Guild ~恵比寿Gallery WB-2にて
d0090664_1265614.jpg


先週末は11月29日、私の知人のKANchang★さんが参加されている、ヒコ・みづのジュエリーカレッジの展示会、恵比寿のGallery WB-2へと遊びに行ってきました。
専門学校生ということで、技術力もさることながら、圧倒されるのは多彩な想像力と発想力。
うひょうぅ!とか、おおぉ~!とか、ニヤリとか(笑)
とにかく、ショーケースの横や裏側から見るのが楽しい作品たちでした。

ゆくゆくは、本職として「売れる」作品を「創ら」なければならないのでしょうが、どうか店頭に並んだときに決して画一の山に埋もれない作家、あるいは職人になっていただきたいですね。

カミさんはヒツジシリーズとカエルシリーズが気になったようで、タマゴから足の生えたカエルのネックレスが欲しかったんですけど、受注になっちゃうとのことで今回はお見送りでした。
クリスマスプレゼントでもいいかなと思ったんですが、日が経ってからでは「まあいいかぁ」になっちゃいそうだったので。
で、念のため名刺をいただいてきたんですが、今のところWEBサイトやギャラリーをお持ちになっていないようなのが、これまた残念。
他にもいろいろ見比べてみてからでも遅くはないと思っていたのですが…うーむ。

もう一つの残念さんは、KANchang★さんが来客の対応に終始忙しそうだったので、挨拶する機を失してしまったこと。
ネットがあるからまあいいかなぁと思ってしまうのが、これまたいかんのですなぁ。
あ、こんなところであやまるのも何ですが、WEB展示会作品を指紋べったりになで回してしまいました…(汗)
これも私の悪いクセだと思うんですが、手触りや肌触りなんかも楽しみたいんですよ。
月面と波紋の感触の違い、心地よかったですね(笑)

さて私の一番のお気に入りは、イタリアの遺跡をモチーフにしたような作品。
特に、顔の裏側にパールを仕込んだネックレス、こういう裏側の粋ってのにどうしても惹かれちゃいますね。
なので、どこに行ってもショーケースの横や裏側ばかりを眺めていることが多く、変な人に思われていないかちょっと心配だったりします(汗)

で、素敵な作品たちで目の保養をしたあとは、釜揚げスパゲティでおなかの保養、新宿花園神社の酉の市で心の保養をしてきました。
惜しむらくは、酉の市も3回目の三の酉のため、カミさんが楽しみにしていた、ちりめんにゃんこ山盛りの熊手が残っていなかったこと。
確か去年も同じ思いをした覚えがありますが、去年と同じところで何とか意に沿った熊手をゲットすることができ、私も去年のバージョン違いをそこでゲットできたりと、不思議な縁を感じました。
私の余技はそこそこでいいので、カミさんの生業は当人のためにも大成してほしいですね(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-02 12:07 | 文化・社会