<   2009年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2009年 09月 29日
和素材工房「米づくり」
d0090664_1430677.jpg

今朝、リラックマポイントシールをゲットすべくローソンへ入ったところ、ジュース類のコーナーに冷酒っぽいペットボトルを発見。
はて、日本酒のペットボトルとは面妖な、と思いつつ目をこらすと、「炭酸飲料」、「大関共同開発」に加えて、小さく「※お酒ではありません」の一文が。
この、最後の一文の小ささにわずかばかり感銘を受け、ノンアルコールの日本酒風サイダーかな?と思いつつ、手にしてみました。
あ、リラックマポイントシールは、サンドイッチで3点ゲットです。

出社してさっそく、窓際なんぞにおいて写真を撮り、一口飲んでみると…。
まろやかなでいながらさっぱりとべとつきのない、案外普通のサイダーだな。
もっとこう突出した味わいというか、甘酒程度にお酒っぽさがあるとよかったと思うのですが、そこはそれ大人の事情かなんかあったのでしょうか。

パッケージのインパクトほどには、味にインパクトを感じることはできませんでした。
ま、普通に美味しいものですし、国産米を使用とのことですから、こんなところからでも農業改革につながれば愉快痛快ではないかと。
ちなみに、販売者は旧日本専売公社のJT(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-29 14:29 | 文化・社会
2009年 09月 28日
Nighy Gallery Season 2
d0090664_22533875.jpg

い、いつの間にか「Nighy Gallery Season 2」のDVDがリリースされておった!
妙なもの紹介してないで、こういう続編を紹介してくれよ~アマゾンドットコム。
あれ、もしかして見落としていたのかな?(笑)

ナイトギャラリーのシーズン2はクトゥルー関連が豊作で、
「Miss Lovecraft Sent Me」
「Professor Peabody's Last Lecture」
「Pickman's Model」
「Cool Air」
が入っているのね~!

いやぁ、すっとこどっこいな短編『ピーボディー教授の最後』の授業を高画質高音質で見られる日が来ることを、どれだけ楽しみにしていたことか(笑)
シーズン3も早くでないかな。
何たってC.A.スミス原作、ヴィンセント・プライス主演の『妖術師の帰還』があるんだもの!
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-28 22:54 | 映画・映像
2009年 09月 27日
散歩写真 with ソフトレンズ
散歩写真 with ソフトレンズ

トークライブ翌日は寝倒してしまったので、今朝は午前中いっぱい散歩してきました。
持ち出したのは、α700にケンコーのMCソフト85ミリ一本。
中望遠なのでスナップにはちょっと使いにくい画角ですが、ここしばらくの面白レンズつながりと言うことで(笑)
↓写真が13枚と多いので、「More」にしています。

More
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-27 22:55 | 写真
2009年 09月 27日
還暦トークライブ
9月24日深夜は、菊地秀行トークライブ「今ならA級・・・」映画特集、その実菊地センセー還暦祝いでした。
紹介された映画は…

かっこいいタイトルと暗闇の中で巨大ロボット目から怪光線を放っているポスターにときめく心を打ち砕かれた経験を持つ『ターゲット・アース』

宇宙船を襲う宇宙の脅威に胸躍らせていると、ガリバー旅行記小人国も縮みゆく男もびっくり、最後の最後でタイトルの意味がわかる『ファントム・プラネット』

随所にパロディー満載のコメディー、何たって監督ジョン・ギリング、出演ベラ・ルゴシの『ドラキュラのご子息』はいつの間にかDVDが出ていたのねしかも国内版まで!

邦題は『フランケンシュタインの逆襲』だけどハマー版じゃないよの『フランケンシュタイン・ミーツ・スペースモンスター』は、原題からしてがどこがフランケンシュタインなのじゃ?だけど火星人の目的が地球の女性(うーよくある手口ですな)でなければがっかりしなかった秀作…だと思っているの

ま、そんな映画紹介はさておき、有志による還暦祝い混声合唱団による替え歌は、うまいこと考えたねぇ~。
赤いあれこれを着せられ、老若男女のアツイベーゼの嵐に包まれ大量のレイをかけられてご満悦?の菊地センセーなのでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-27 21:43 | 映画・映像
2009年 09月 24日
ドムドムの輪
d0090664_21514746.jpg


ザクザクの輪に味を占めて、ドムドムの輪を作ってみました。
なんだかシボレーのマークにも見えますが(笑)

d0090664_2151568.jpg


カット自体は簡単なものですが、ボリュームを出そうと、最厚部で5ミリのモチーフ部分を丸めるのには手こずりました。
もう、なませどもなませども、ほんのわずかずつしか曲がりませぬ。

d0090664_215236.jpg


内周と外周の差が大きいので、さすがにゆがみも大きくなりますが、モチーフの内側があまりゆがまなかったのは幸いでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-24 21:52 | 銀細工
2009年 09月 23日
レンズ付きボディキャップ
ロレオのレンズ付きボディキャップ、Lens in a Capをつけて、納品がてら台東区台東の末広商店街界隈を散歩してきました。

これは神田佐久間川岸
d0090664_2141426.jpg


ここから台東
d0090664_2142495.jpg

d0090664_2143542.jpg

d0090664_2144733.jpg

d0090664_21455100.jpg

d0090664_215459.jpg

逆光どころか、ほぼ真横からの光線でもフレアで真っ白になるとっても楽しいレンズなので、左手ハレ切りで積極的にフレアを調整することができるのです。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-23 21:05 | 写真
2009年 09月 23日
スプーンリメイクリングのリフォーム
アンティークの銀製スプーンをリメイクしたリングがなかなかはけないので(そ、その値付けは高すぎですから店主殿~笑)、もうひとひねりのリフォームをしました。
d0090664_16364920.jpg

といっても、元もと柄をひねっただけのものですから、さらにシンプルにひねりなおして、雰囲気を変えるべく燻しただけ。
と、それだけでは何なので、一つにはターコイズを入れてみました。
あと、柄の細い方を少し装飾し直したものも作りましたが、写真を撮り忘れてしまった…。
d0090664_16365642.jpg

値付けも、この手のものとしては低めにし直していただいたので、お正月のお餅が買えるといいですねぇ~。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-23 16:37 | 銀細工
2009年 09月 22日
タイタックを指輪にリメイク
d0090664_22115298.jpg


タイタックをもらったけど、使わないから指輪にできないかしら…。
という依頼を受けました。
石ではなくガラス玉かもしれないとのことでしたが、不純物とクラックが入っていますので、おそらく本物のアメジストでしょう。

d0090664_22112861.jpg


形はおまかせでいいとのことでしたので、先日味を占めたトップが回転してペンダントにもなる方向で(笑)

d0090664_22113742.jpg


二つ目を作って置いて言うのも何ですが、この作りでちょっと心配なのが、トップをテンションで留めていること。
固いとはいえ人の力ではめ込んでいるので、同じ力が開く方向にかかれば当然外れてしまいます。

d0090664_2211445.jpg


リングが開く方向というのは普段力がかかりにくいのですが、リングの変形はよくあることですからねー。
回転軸をT字にしてカシメを入れるのがいいかな。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-22 22:14 | 銀細工
2009年 09月 20日
ぐにゃぐにゃレンズ早朝散歩
明け方、久々に軽いぜん息の症状が出て目が覚めちゃったので、レンズベビー2.0を持って小一時間ほどお散歩してきました。

四谷と牛込をつなぐ曙橋
d0090664_223034.jpg

ザセンター東京を望みつつ
d0090664_223870.jpg

防衛省から
d0090664_2231716.jpg

防衛省とザセンター東京脇の公園前を渡り
d0090664_2232549.jpg

若松河田方面へ
d0090664_2233215.jpg

かわだ児童遊園の曼珠沙華
d0090664_2234064.jpg

住吉公園の脇道は私道だったり
d0090664_2234844.jpg

安養寺坂を上って住吉公園を通り過ぎると
d0090664_2235569.jpg

帰宅です
d0090664_224465.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-20 22:06 | 写真
2009年 09月 19日
トイレンズ
d0090664_22501519.jpg


今を去ること5年前、WEBで紹介されたばかりのレンズベビーを入手していました。
さらに、まだ日本では流通していなかった、ロレオのトイレンズ一式を海外通販していました。
そして、自分が撮った写真ではなく、レンズが撮った写真しか撮れないような気がしてしまい、わりと早くに飽きました(笑)
レンズベビーなんかは確かに面白いレンズなんですが、レンズの個性が強すぎて、撮影者の個性を出すのがなかなか難しいんですね。

で、引っ張り出すことのなくなってしまったαスイートデジタルに、これらのトイレンズを常用して出しっぱなしにしておこうと思い立った次第。

d0090664_22502669.jpg


しかし、やっぱりレンズベビーは面白いけど難しいのでありました。

ロレオのトイレンズ一式は、まあ普通に使えるパンフォーカスパンケーキレンズというか、レンズ付きボディーキャップ。

d0090664_22504521.jpg


もっとも、撮像面積の小さなAPS-Cサイズでは周辺光量の低下は期待できず、シフトのできるPCタイプもその効果はわずかなもの。
極めてフレアが出やすくて、にじみも強いというあたりはいかにも安レンズですが、案外普通に写ります。

d0090664_22505775.jpg


しかし、10倍のマクロキットはキョーレツ!、な、費用対効果(笑)

d0090664_22511032.jpg


拡大鏡好きにはたまらないアイテムです。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-09-19 22:52 | 写真