<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 30日
トークライブ覚え書き
『センチネル』(1977年・アメリカ)
キリスト教会が縁もゆかりもない人々を有無をいわせずスカウトし、地獄の門の監視役を押しつける、はた迷惑な話。
先代の監視役の盲目の神父にジョン・キャラダイン、スカウトされるモデルに『デビルゾーン』のクリスティーナ・レインズ、その恋人役に後に『ヘルハザード・禁断の黙示録』でチャールズ・ウォードを演じるクリス・サランドン、京唄子似の怪しい不動産屋に『ショーボート』の名優エヴァ・ガードナー、クリストファー・ウォーケンも刑事役で出演。
そんな豪華なキャスティングもさることながら、地獄の亡者役にほんとの畸形の皆さんが…。

『怪談せむし男』(イタリア語版・1965年・日本)
憤死した男爵が財産目当ての困ったちゃんたちを片っ端から血祭りに上げていく、愛憎混沌の復讐劇。
黄門様の西村晃が喜々として異形の悪役を演じる、怪談シリーズの第1作。
プリントし直したフィルムが昨年上映されたのですが、ビデオソフトは無理かな。
今回紹介されたのはイタリアで出されたイタリア語版で、キャストはなぜか英語圏の名前。
古すぎて聞き取れないフィルムみたいで、怪しさ倍増でした。

『オメガマン』(1971年・アメリカ)
細菌戦争によってミュータントと化した人々と、細菌なんぞものともしないマッチョドクターとの戦い。
ムキムキチャールトン・ヘストンの筋骨隆々地球最後の男は、ベンハーに引き続き俺様英雄譚だった。
菊地先生はブー、飯野先生は怖かったそうですが、ぢつは私はひそかに好きな映画なのであります。
今見るとアレですが、子供の目にはチャールトン・ヘストンは頼れるおじさんだったのだ。

『ドクターサイクロプス』(1940年・アメリカ)
ビン底眼鏡の見るからに怪しい博士による生物縮小化計画は、小さくされた人たちの創意工夫が見所だ。
そういえば、ビデオソフトを買おう買おうと思いつつ買っていない一作。
ビン底眼鏡の博士を見ると、食指が止まるというか気が萎えるというか…。

『ホラーエクスプレス』(1973年・スペイン・フランス)
チベットのからロシア(だっけ?)にむかうシベリア横断豪華特別急行列車に巻き起こる、精神寄生体の恐怖。
リー&カッシングにサバラス君がす・て・き。
邦題の『ゾンビ特急“地獄”行』、私は秀逸な冗談だと思うぞ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-30 18:23 | 映画・映像
2010年 05月 22日
MAYUMI HASEGAWA & iPhone
d0090664_1452528.jpg


素の状態がスタイリッシュなiPhoneは、つるっとしたボディーの触感も特徴のひとつ。
ですが、手から滑って落ちてしまいそうな気がします。

とりあえず、落下防止にストラップの付けられるシンプルなクリアケースを付けてみたり。
それではおもしろみがなかったので、ストラップはaisanceのものをを手首サイズに加工して素で持ち歩いてみたり。
それでもやっぱり滑落の不安があるので、SwitchEasy CapsuleRebel Mなんてアメコミヒーローのスーツみたいな一風変わったのを付けてみたり。

d0090664_1454932.jpg


レザーケースもいろいろ出ていますが、もう一歩洒落が効いていてかつスタイリッシュに包んでくれる形状のものが、というか気に入ったものが見つかりません。
高級文具の域を出てないというかなんというか…、わがままですねぇ。

d0090664_1455558.jpg


ハーフカバーならエイ革のものもありますが、あたりまえですがDicky&Grandmasterで作ってもらったウォレットほどのインパクトがないのが残念。
それに、液晶側から見ると普通にiPhoneってのがいまいち。
そんなわがままな思惑でケースを探していたところ、MAYUMI HASEGAWAのパイソンボディーケースに行き当たりました。

d0090664_146254.jpg


ちょっと高いお買い物なので、実際に現物を見に行ってみたところ、外観と触感はグー。
ついでに、革なのかなめし剤なのかわかりませんが香りもグー(笑)
さらに、思っていたよりも厚みが押さえられていながらも、サイドのスイッチは誤作動させない程度に押しにくくなっています。

d0090664_146842.jpg


実は、この押しにくさってのもポイント。
素のiPhoneはもとより、SwitchEasy CapsuleRebel Mもスイッチが押しやすく、特にボリュームスイッチは知らないうちに押しまくっていて、気がつけば最大か最小になっていたりしたので、逆に押しにくくなってくれてたほうが私には都合が良かったんですね。

あまり奇をてらいたくないので、色は黒をチョイス。
パイソン革だと気づかなければ、普通のケースにしか見えないってあたりもお気に入りです。
さすがに、これでiPhone着せ替え人形は終わりでしょう(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-22 14:09 | Machintosh Apple
2010年 05月 22日
iPhoneのここがイヤッ!
2ヶ月弱使ってきたiPhoneですが、使いにくい部分がひとつ、どうにもこうにも克服できません。

それは、携帯メールアプリの送信ボタンが、変換候補一覧ボタンや削除ボタンとあまりにも近すぎること。
そして、送信ボタンを押したら最後、メールの送信を強制停止することもできません。

d0090664_11552841.jpg


このため、入力途中にもかかわらず送信してしまうことが頻繁にあります(涙)
幸い、受信される方が大らかなおかげで一笑に付していただけていると思いますが、それでもやっぱりちょっと恥ずかしいし、何よりあせってしまいますね。

何とかならないものかと検索してみると、どうしようもないものの、同じことで悩んでいる方が結構いらっしゃるようで。
秋にはOSのバージョンアップが控えていますから、そのあたりも改善されるとうれしいですねぇ。

あ、ついでにメールの編集中でもキーボードが隠せるようになってるといいなぁ。
送信前の内容チェックを小さな表示範囲でやらなければならないのも、あきらかにバッドインターフェイスですぞよ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-22 11:56 | Machintosh Apple
2010年 05月 18日
久しぶりのアメリカからの玉手箱…でもないか
d0090664_22391452.jpg


各国のアマゾンはよく利用していますが、小さなお店からは久しぶりの海外通販。
そして、アマゾンの荷が早く届くのになれてしまったので、出荷からほんの3週間しかかかってないのにちょっと長く感じてしまったり。
以前は船便でひと月ふた月なんてこともよくあったのに、せっかちになってしまいましたなぁ。

d0090664_22392580.jpg


で、最近停滞気味のToy Vaultのくちゅるー様から久々に新しいのをひとつ。
「Wicked Cthulhu」ってことだけど、邪悪なくちゅるー?
くちゅるー様って、そもそも邪悪なもんぢゃがな。

d0090664_22393272.jpg


「My Little Cthulhu」とはどこかで聞いたよなネーミングなビニールフィギュア。
ネーミングはまあアメリカなので関係ないだろうけど、キャラクターは「サウスパーク」のみたいだ。

d0090664_22394055.jpg


左のは蓄光、暗いところでもばっちりだ。

d0090664_22394979.jpg


ゲームのガジェットから、クトゥルーネックレス。
これはまあ、何となく。

d0090664_2240990.jpg


昔懐かしいクドゥリークトゥルーをちらりと思い出す、Chibithulhu(チビトゥルーかな?)のベーシックタイプを一通り。
でも、くちゅるー様っちゅうよりトム&ジェリーのハンナ&バーベラっぽいような。
一個約8ドルってのも、ちびっと高いような。

d0090664_22401620.jpg


玉手箱ってほどのレアものではないけれど、久々に小躍りしたお荷物でした(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-18 22:41 | ガジェット
2010年 05月 18日
唐辛子チップス
d0090664_1637563.jpg


秋葉原の輸入食品のお店で、ピリパリ唐辛子なるスナックを発見。
激辛好きではない私ですが、おもしろそうなものは好きなので、「見た目ほど辛くはありません」という張り紙を信じてゲットしてきました。

封を開けてみると、中は真っ赤に染まっていて、いかにも辛そうです。
何しろ、カリッと油で揚げられたとおぼしき、ざく切りの唐辛子と、ピーナッツしか入っていませんから。
意を決して少しだけかじってみると…、あ、味がない(笑)
遠くの方にほんのりと唐辛子を感じる程度で、辛みどころか旨味もあんまりありませんねぇ。
それでも、種の部分のざくっとした食感がいいので、意外と後を引きます。
あ、ピーナッツは、普通にピーナッツです。

ラー油か一味唐辛子をかけてあげると、おつまみやふりかけにグーかもしれません。
唐辛子を辛くするってのも、なんだか本末転倒な気がしないでもありませんが…。
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-18 16:37 | 文化・社会
2010年 05月 16日
フランスの肥後の守
d0090664_2225824.jpg


今日、委託先のアンティークショップに行ってみると、栓抜きみたいなおフランスのナイフシャープナーが置いてありました。
…というのはおまけで、肥後の守みたいだけど国産ではないナイフが置いてありました。
フォールディングナイフの最小限の形ですから、だいたいどこの国でも似たようなものですけど、ここまでそっくりなのは初見。

d0090664_2231024.jpg


仕上げは安物の肥後の守レベルですが、肥後の守と違ってバネのロックが付いています。
なにより、DOUK-DOUKUという名前に、南洋の神様みたいなハンドルの刻印がぐぅ~。
作りも作りですから、ひょっとして、東南アジアのどこかかな?

d0090664_2231980.jpg



担当店主が療養中で不在のため詳細は不明でしたが、ネタとしておもしろそうなので、シャープナーと一緒にゲットしてきました。
余談ながら、療養中の店主の代わりに、関根麻里似のかわいい娘さんが店番をしています(笑)

d0090664_223331.jpg


で、帰宅してググってみるとフランスの安価なポケットナイフだそうで。
また、DOUK-DOUKはメラネシアの精霊(?)で、このナイフのモデルネーム。
元々はオセアニアのフランス植民地向けのモデルのようで、メーカーはM.C.COGNET。
フランスのナイフらしいジャック・モンジャンやライヨールに通じるモデルも作っているようですが、DOUK-DOUKUからはとてもそこに想像が結びつかないですねぇ。
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-16 22:04 | ガジェット
2010年 05月 11日
ブルーレイさん
VHSビデオデッキにアンテナがつながっていない我が家。

d0090664_0105689.jpg


おもしろくてためになる深夜番組を見たいこともあり、ブルーレイハードディスクレコーダーを買ったので…。

d0090664_011321.jpg


ブルーレイディスクを輸入してみた(笑)

日本では未公開や未発売、はたまたすでに廃版になっているものが継続して販売されていたり、ひとあしお先にしかも格安にリリースされているものなど、魅力いっぱいの輸入盤。
もちろん、日本語字幕が付けられているのは極めて希なので、聞き取りも読み取りも満足にできない私には話半分な所もありますが。

今回海外通販したものでは、ヘルレイザーがたぶん廃盤、ターミネーターと死霊のはらわた3はブルーレイ未発売、PANDORUMは未公開未発売、第9地区は上映中、ってとこかな。
遊星からの物体Xは、約10ドルだったのでおまけ~。

細かいリージョンコードに縛られていたDVDに比べて、ブルーレイのリージョンコードは3つしかありません。
日本のリージョンはアメリカと同じAなので、US版ならば再生できます。
リージョンBのヨーロッパのものは再生できませんが、あちらのふっる~い作品がブルーレイ化されて驚きの画質になるとは思えないので、ノープロブレムなのです。

ちなみに、H.P.ラヴクラフト&クトゥルー神話関連の、おそらくインディーズなDVDも多数輸入しましたが、それなりにそれっぽいような気がしないでもないものがあったり、もうぐうの音も出ないほどだめだめなものがあったり、相変わらずとほほです。
コ汚いオヤジ二人が30分間延々しゃべっているだけの「STRANGE OCCURRENCE IN BAYSIDE」には参りました。
15ドルもしたのに…(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-11 00:11 | 映画・映像
2010年 05月 09日
発芽と開花
d0090664_20281138.jpg


去年帰省したときに、実家の庭で拾ってきたオシロイバナの種。
これを先々週にプランターにまいたのが、ようやく発芽しました。

d0090664_20281795.jpg


これまでにいくつかの花やら野菜の種をまいたのですが、一度も発芽しれくれたことがありません。
それどころか、環境が悪いのか育て方が悪いのか、苗から植えても育たない実が付かないことが多い始末。
まあ、グリーンネックレスのたぐいは別で、もう増殖の一途をたどっていますが。
オシロイバナは一度根付けばかなり丈夫な花なので、発芽しれくれただけでも一安心です。

d0090664_20282226.jpg


で、2年前に千葉の花の美術館で買ってきた多肉植物のシュウレイさんが、花を咲かせました。

d0090664_20282955.jpg


2年前は↑こんな大きさでしたが、2度の植え替えで↓こんなぐあいにすくすくと育っています。

d0090664_2028342.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-09 20:29 | 文化・社会
2010年 05月 04日
巨大ドムドムの輪
d0090664_17181527.jpg


コミティアに参加する旧友Picklesの旦那の新作とトレードするため、ドムドムの輪を一本こしらえました。
しかし、以前別物の時に聞いておいたリングのサイズは円周83ミリ…、号数で41号。
え~、旦那の指が太いのは昔っから知ってるけど、足の親指ですか?(笑)

d0090664_17182220.jpg


さて、そういうサイズのゲージも治具も流通していなさそうなので、ノギスで測りながら合わせました。
それにしても、でかい…。
実際に、リクエストサイズは親指の関節部分だったので、大きすぎたんですけどね(笑)
一応そんなときのために、首からさげられるように合皮のひもを付けておきました。
サイズ変更するなら、ばっさりカットしてフリーサイズにするかな?

d0090664_17182815.jpg


原画のドムはピンクのモノアイですが、手持ちの中で色とサイズの合いそうなのはピンクサンゴだけ。
さすがにサンゴはちょっとしっくりこないので、無難なターコイズにするか、石のおもしろさでオレンジムーンストーンのキャッツアイにするか、オーバルカットだけど赤石のガーネットにするか、仕上げ直前まで迷いましたが、いぶしと合わせてみて結構しっくり来たのでムーンストーンを入れています。

d0090664_17184536.jpg


肝心な、今回の旦那のマンガはオフロードバイクもの。
私はみんなのオフ車セローの初期型に乗っていたし、二人とも、おそらく市販バイクが一番とんがってた頃を知っているので、なかなか感慨深いものがありました。
っちゅうか、郷愁抜きにしてまたバイクに乗りたいのであった…。
都内なんぞでは普段の足にも乗りたくないんだけどね(笑)
[PR]

by cthulhu_dune | 2010-05-04 17:19 | 銀細工