2011年 01月 29日
国際宝飾展
目の保養頭の体操気力充実心の癒しをかねて、国際宝飾展に行ってきました。
目的のツールコーナーはCADの充実というよりもCAD一色といった気がしますが、これはまあ今更ながら工業界の流れ。
マシニング自体は大好きですし、機会があれば遊んでみたいものですが、作品の価値観としてはやっぱり職人の手彫りがいいな、と。
複雑怪奇な光造形樹脂の型を見たあとでも、フィレンツェ彫りの感動は衰えることを知りません。

一番おもしろかったのは、3Dパール。
CADで立体成型した核を使った、マベパールなのね。
サンプルの中には各企業に売り込んだモノまであって、これがまぁおもしろいおもしろい。
真珠層の巻きが薄いと核の形がはっきり出るし、厚いとディテールが甘くなるあたり、人工なんだけど自然の力なのなだぁ。

お地蔵様がぞろぞろ並んでいて、これはぜひ笠をかぶせてあげたいと思ったり(笑)
あと、ドールにプレゼンしたらしいパイナップルなんかもあって、本業でちょっと使えるかなと思ったりもしましたが、そこまでのネタに開ける財布でもなかったので却下。

で、あんまりおもしろいんで一つゲットしてきました。

クラゲかな?と思ったら…
d0090664_2223616.jpg

カーミットでした(笑)
d0090664_22231345.jpg


詳細は有限会社トレジャーアイルで
http://3d-pearl.com/
[PR]

by cthulhu_dune | 2011-01-29 22:28 | 銀細工


<< 梅は咲いたよ桜はまだだよ      Flashを持っていないので… >>