2008年 12月 11日
シルエットロマンス(あるいは動物ビスケット)
d0090664_1785797.jpg

委託先のアンティークショップから、動物モチーフで極力お手頃(ここが重要~)な細工を頼まれたので、いくつか作って納めてきました。
地金づくりから仕上げまでほぼ2日。
やってることはいつもの糸鋸引きがメインなんですが、なんだかとっても単調に感じて、研磨にいたってはひたすら睡魔との闘い。
何度バフの勢いですっ飛ばしたことか(笑)

いつも思うんですが、シンプルなものって、作っている最中の汚い状態ではどう見ても砂場から出てきたグリコのおまけに見えてしょうがないんですね。
特に、ここまでシンプルなものは初めてなので、ケースに並べてそれなりに見えたときには、正直ホッとしました。

余談というか本音というかの話、お店にとっては、いくらクオリティーが高くても高価で売れないものより、そこそこでいいので売れてくれるものがほしいんですね。
私自身はともかく、このようなものにも正月の餅がかかっているということですなぁ。
それでも、露天で見かけるような量産品とは比較にならない売値になってしまうので、買う立場に立ってみると悩ましいところ。
まあ指三本のお値段、交渉次第ではお勉強も可能なので、お気に召したらお財布を開いていただけると、店主が助かりますのです。

d0090664_179753.jpg

これだけでは何なので、寒くなってきた今日この頃の、にゃんこちゃんずの写真でも(笑)
d0090664_1791670.jpg

[PR]

by cthulhu_dune | 2008-12-11 17:12 | 銀細工


<< マルシン グロック21 ~ブロ...      秋 新宿御苑散歩 >>