2009年 07月 07日
スティングレー・ウォレット
スティングレー・ウォレット
made by Dicky&GrandMaster
Presented by Charmesur
d0090664_23265298.jpg

カミさんにもらったウォレットが壊れかけていたことは先日の日記にも書きましたが、接着で組まれた革が剥がれつつあり、中から覗くボール紙がだんだん目立ってきたんですね。
接着剤でつけ直しても今度は内側から剥がれてくる始末ですし、サイドに貼られた革も破れつつあります。
エイ革自体はほとんど伸びも痛みもないので、これは縫い直して何とかするかと思っていたところなんですが…。

レザーコレクション撮影の翌週、お客様相談会?と称してD&Gの法龍さんがCharmesurにいらっしゃることになりました。
シルバーのカスタムラインも持参されるとのことですし、これはおもしろそうだと私も足を運ぶことに。
d0090664_2327270.jpg

さて、他のお客様も交えてあれこれと談笑するうちに、シルバーはもとより革製品への並々ならぬこだわりがひしひしと感じられ、中でもウォレットはご自身が長年使って納得したものと聞いては、ちょっと心が騒いできます。
ちなみに、その使用年数は私のウォレットの2倍強、それも製品化にゴーを出した過去のお話。

店頭にあったパイソンのバタフライウォレットを例にして、希望の形を伝えてみると、即座に使いやすい構造のアドバイスに加え、その場での見積もりも、もういっちょプラスに振れてもほぼ予算内。
その話、乗った!というわけで、ウォレットもオーダーしてしまいました。
d0090664_23271367.jpg

それから約半月…、と、これは工房がが急いでくださったから!
思いのほか早く、コインケースと共に私の手元にやってきました。
satoyaさんの上京に合わせて、私も遊びに行くことを伝えてあったことへのお気づかいかと思いますが、感謝感謝です。

手袋着用厳守のウェブショップ用の写真撮影を終えて、初めて素手でなで回したときの感触に感無量。
ふと、使うのがもったいないと思ったものの、ウリャッとあちこちを広げて少し馴染ませたら中身を移し替え。
なんといっても、ハードな使用に耐えるクールな逸品ですからね。
結構な厚みの上にコンチョをつけていただきましたが、ジーンズのバックポケットにストンと収まり、動いても座っても邪魔になりません。
ポケットが小さかったりするスリムフィットなデニムではどうかわかりませんが、リーのストレートには絶妙なサイズです。
d0090664_23272231.jpg

レディーメイドで気に入ったものが安くあれば、それに越したことはありません。
が、前のスティングレーウォレット自体、探し回って気に入ったものがなくて、いっそオーダーするかと考えていたりしたものでしたから、法龍さんの来店はいいチャンスでした。
[PR]

by cthulhu_dune | 2009-07-07 23:29 | Charmesur Dicky&Gran


<< スティングレー・カードウォレット      スティングレー・コインケース >>