<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 22日
忌まれし扉劇場「インスマウスの影」
昨夜は四谷三丁目、喫茶茶会記「哲学者の薔薇園」で開催された、忌まれし扉劇場「インスマウスの影」を観劇してきました。
朗読するにはかなり長いと思われるこの作品、どんな具合に仕上げるのかとても楽しみでしたが、話すと長くなる部分をバッサリと切り落とし、緩急それぞれの頂点を見事にまとめ上げた翻案短縮版!

旅費をケチったがためにインスマウスを訪れることになった「起」、バスの乗り換え時間の間にインスマウスとマーシュ家の歴史を知ることになる「承」、バスが動かず図らずも恐ろしい一夜を過ごすことになってしまった「転」、難を逃れたものの自身の血がその災禍の中心に帰結していく「結」。

インスマス面の「私」に扮したチェリー木下さんの朗読、ダゴン秘密教団の司祭に扮した永井幽蘭さんのピアノと歌が、時に寂しげに、時に情熱的に物語を紡ぎ出し、締めくくりは人魚姫になぞらえたインスマウスの歌。興奮と恐怖の絶頂で、まるで断崖絶壁から突き落とされたがごとくには幕を下ろします。

表現手法で特筆すべきは、有名な「フン グル イ・ムグルウナフー〜」の発音。つぶれたのどから絞り出すようにして発声され、あたかも深きものどもの声音であるかのように聞こえます。バスの運転手ジョー・サージェントも、しわがれたというより絞り出すような声音でしたね。嫌悪感がマシマシです。

また、原作とは異なる表現や言い回しもありましたが、それはそれでとても効果的。特に、インスマウスの影を象徴する呪われた血脈を「血は運命に流れる」と繰り返し叫んでして締めるあたりは、異形へと身を変え狂気に落ちてゆく「私」の激情を強く感じ、鳥肌が立つとともに涙が出てしまいました。これ、映画ではよく見ているんですが、やはり目のまでで繰り広げられる生の迫力は違いますね。

映像作品と比べるのはあまり意味のないことですが、「インスマウスの影」を主題にした映像作品はおそらく3本で「インスマスを覆う影」「Return to Innsmouth」「DAGON」、ビジュアル化としてはこれらに勝るとも劣らず、ラヴクラフト映画全般と比べてもこれほど見応えのあるものは滅多にありません。

本作のサウンドトラックが出ないかな。「インスマウスの歌」はまた聞きたいですね、というか本作の再演を希望しますし、次回の忌まれし扉劇場も観劇したいですね!

チェリー木下さんの「怪奇幻想クラブ・渦とチェリー」、忌まれし扉劇場「インスマウスの影」の記事



d0090664_16083287.jpg


d0090664_16083432.jpg
d0090664_16083520.jpg




[PR]

by cthulhu_dune | 2018-05-22 16:10 | Lovecraft Cthulhu 映画